このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 米(3)

[JAPAN] "お米の国・ニッポン"を再発見!



日本では、その土地の土や水、気候に合わせて、さまざまな種類の米が生産されています。どこでどんな品種を作っているのか、米の収穫量と作付上位品種を、都道府県ごとに紹介します。


都道府県ごとの米の収穫量と作付上位品種
資料:農林水産省「平成26年産水陸稲の収穫量」、米穀安定供給確保支援機構「平成26年産 水稲の品種別作付動向について」より作成
※注:作付上位品種は、平成26年産のうるち米(醸造用米、もち米を除く)、収穫量は平成26年産の水稲(主食用)の数値


全国の作付割合上位10品種
全国の作付割合上位10品種

資料:米穀安定供給確保支援機構「平成26年産 水稲の品種別作付動向について」より作成
※注:平成26年産うるち米(醸造用米、もち米を除く)の数値



コシヒカリに続く新品種も続々登場
南北に長い日本では、その土地の気候や風土に合わせた作物が生産されていますが、米は北海道から沖縄までの各都道府県で栽培されている、数少ない農産物です。

病害虫や冷害に強いもの、収穫量が多く食味の良いものなど、多種多様な品種が開発され、主食用、酒米用などと合わせると、実に500種以上が作られてきました。

そうした中、1956年に福井県で誕生した「コシヒカリ」は、甘みと粘り気が強く、冷めてもおいしいことから多くの人に好まれ、日本各地で生産されるようになりました。79年から現在に至るまで、作付面積1位となっています。

その後も「ひとめぼれ」「あきたこまち」「はえぬき」などさまざまな品種が登場。栽培する地域の土や水、気候などの特徴を生かし、関東・近畿地方では「キヌヒカリ」、九州地方では「ヒノヒカリ」なども作られるようになりました。

以降、現在に至るまで、各地から個性豊かな新品種が次々と登場し、"ご当地米"として注目を集めています。


五ツ星お米マイスター・西島豊造(とよぞう)さんがセレクト
日本各地で開発された話題の新品種を厳選! 好みや用途に合わせて楽しめます。※注:()内は主産地
あっさりおいしい!朝ごはん&和食向き:風さやか(長野県)つぶぞろい(秋田県)秋のきらめき(秋田県)東北194号(宮城県)青天の霹靂(青森県)/何にでも合う!オールマイティー:ふくまる(茨城県)さがびより(佐賀県)つや姫(山形県)一番星(茨城県)おいでまい(香川県)/食べごたえ満点!夕ごはん&洋食向き:ゆめぴりか(北海道)きたくりん(北海道)天のつぶ(福島県)元気つくし(福岡県)/変わり種!用途別品種:チャーハン・ピラフ向き ホシユタカ(佐賀県)カレーライス向き 華麗舞(茨城県)おにぎり向き いのちの壱(岐阜県)


稲穂


取材/文/岸田直子