このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ご当地の郷土料理の魅力 ふるさと給食自慢

今週のテーマ

昭和から令和まで、年代別にみる学校給食の変遷 - ふるさと給食自慢

核家族化や両親の共働き、加工食品や外食産業の増加など、ライフスタイルや環境の変化は、家庭内の食卓事情にも大きく影響を及ぼしました。それにより、近年では栄養バランスの偏った食事が懸念されるようになっています。そんななか、子どもたちが食に関する正しい知識と食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしているのが学校給食です。今回は、学校給食の今を知るうえで欠かせない、給食の歴史を紐解いていきます。

写真:昭和30年代食事風景

写真提供/(独)日本スポーツ振興センター

日本の学校給食はいつからはじまったの?

1889(明治22)年、山形県鶴岡町(現・鶴岡市)の大督寺というお寺の中に建てられた私立忠愛小学校で、生活が苦しい家庭の子どもに無償で昼食を用意したことが、日本における学校給食の起源とされています。その昼食は、大督寺の僧侶が一軒一軒家を回り、その家々でお経を唱えることでいただいたお米やお金で用意したものでした。

その後、1923(大正12)年には児童の栄養改善のための方法として国から奨励されるなど、徐々に広まりを見せていった学校給食でしたが、戦争による食料不足などを理由に中止せざるを得なくなってしまいます。

写真:1889(明治22)年の給食(おにぎり、塩鮭、菜の漬物)

写真提供/(独)日本スポーツ振興センター

1889(明治22)年の給食(おにぎり、塩鮭、菜の漬物)

写真:1923(大正12)年の給食(五色ごはん、栄養みそ汁)

写真提供/(独)日本スポーツ振興センター

1923(大正12)年の給食(五色ごはん、栄養みそ汁)

戦後になると、食糧難のため児童の栄養状態が悪化し、国民の要望が高まったことで再開されます。1954(昭和29)年には「学校給食法」が成立し、実施体制が法的に整いました。

同法の第2条では「学校給食の目標」が掲げられています。そのひとつが「適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること」であり、学校給食は1日に必要な栄養素の約3分の1がとれるように、バランスを考えながら作られるようになりました。

2009(平成21)年に「学校給食法」が改正施行されると、その目的が「食育」の観点から見直され、学校給食を取り巻く環境はさらに向上していったのです。

写真:果物を喜ぶ児童

あなたの思い出の給食はどれ?

人気メニューでみる学校給食

学校給食は時代の中で形を変えていきました。今、給食を食べている子どもたちと、お父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃんとでは慣れ親しんだメニューが異なります。みなさまの思い出に残っている給食メニューを年代別に紹介します。

昭和初期~中期の給食メニュー おじいちゃん・おばあちゃん世代

写真:昭和27年の再現給食

写真提供/(独)日本スポーツ振興センター

戦後は捕鯨が推進されていたことや、低カロリーで高たんぱくなこともあり、鯨肉を使ったメニューが人気。飲み物には脱脂粉乳が提供されていました。牛乳から脂肪分をぬいた粉ミルクを水でとかしてあたためたもので、独特のにおいがあるため、苦手な子どもも多かったようです。また主食にパンが出されたことで、日本人の食生活を変えたともいわれています。

aff編集部調べ 人気メニュー

写真:鯨の竜田揚げ

鯨の竜田揚げ

しょうが汁と醤油で下味をつけた鯨肉に片栗粉をまぶし、油で揚げた料理。かつては学校給食の定番メニューでした。

写真:コッペパン

コッペパン

ジャムを塗ったり、おかずを挟んだりして食べます。1976(昭和51)年に米飯の給食が正式導入されるまで主食として定着していました。

昭和中期~後期の給食メニュー お父さん・お母さん世代

写真:昭和58年の再現給食

写真提供/(独)日本スポーツ振興センター

洋風化が進み、現在でも人気のカレーライスやスパゲッティなどのメニューがみられるようになりました。コッペパンが主流だったパンのバリエーションも多様化し、米飯も導入されます。鶏肉や豚肉もよく提供されるようになり、飲み物も脱脂粉乳から牛乳に切り替わりました。

aff編集部調べ 人気メニュー

写真:ソフトめん

ソフトめん

正式名称はソフトスパゲッティ式めん。学校給食向けに開発され、袋から出しためんをミートソースやあんかけなどと絡めて食べました。

写真:揚げパン

揚げパン

コッペパンを油で揚げ、砂糖などで味付けしたスイーツ的な感覚のパン。砂糖の他にも、きなこ、ココア、シナモンなど、色々な味のバリエーションがありました。

平成・令和の給食メニュー ぼく・わたし世代

写真:平成18年の再現給食

写真提供/(独)日本スポーツ振興センター

平昌オリンピックのときは韓国料理が、G20サミットのときはイタリア料理やフランス料理のメニューが取り入れられるなど、国際色が豊かになるとともに、食育を意識して昔ながらの郷土料理、行事食なども提供されています。地産地消が推進され、地元の野菜を取り入れる学校も増えてきました。

aff編集部調べ 人気メニュー

写真:カレー

カレー

最近の給食では、白米ではなくナンが一緒に出ることもあります。ご当地メニューも人気で、今年2月には広島県江田島市の小中学校で海上自衛隊公認の「江田島海自カレー」が出されました。

写真:鶏肉の唐揚げ

鶏肉の唐揚げ

サクッとジューシーな歯ごたえで、ご飯に合うおかずとして大人気。他に鶏肉を使用した料理では、兵庫県赤穂市の学校給食で1番人気の「鶏肉のレモン漬け」があります。昨年、家庭でも味わえるようにたれが商品化されました。

あなたが好きな給食メニューはありましたか? 子どもたちの栄養を守るため、学校給食はますます重要となっていきます。これからの学校給食がどのように変化していくのかにも注目です。

「ふるさと給食自慢」一覧を見る

記事の感想をぜひお聞かせください!

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3074)
ダイヤルイン:03-3502-8449
FAX番号:03-3502-8766