このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

審査委員紹介

犬養 裕美子

レストランジャーナリスト

犬養氏の画像
  • 料理マスターズは地域の生産者、生産地と関わり、その発展に貢献してきた料理人を顕彰するものです。「おいしい」を守り、伝えて行くために何をしてきたのか。そして未来に向けて広い視野で”食”を考え、何をしているのか。受賞者一人一人の活動がみんなのお手本になる。ここに日本の食の未来があります。

門上 武司

あまから手帳 編集顧問
フードコラムニスト

門上氏の画像
  • 最近、食べる側の味覚の領域が広がっています。どのような生産者と絆を築いているか。どの地域の生産者と結びついているのか。入手した食材を余すことなく使い切っているのか。そのような視点で味覚を考えるようになってきました。つまりこれまで料理マスターズが掲げてきた想いが着実に結実、開花したように思うのです。

小泉 武夫

東京農業大学 名誉教授

小泉氏の画像
  • 日本人の料理感覚は、あらゆる民族の中で至妙の域にあり、その技法は日本固有の文化のひとつと言ってよいでしょう。その偉大な料理文化を、これからの日本のために橋渡しして下さる、国の宝としての担い手になってください。

小山 薫堂

放送作家

小山氏の画像
  • 繊細な味覚を持ち、丁寧な仕事で芸術的な作品を作り出す日本の料理人のみなさんは、この国のとても大切な財産だと思います。この料理マスターズ制度によって、日本の偉大なる財産の価値が歴史にきちんと刻まれることを期待しています。

榊原 英資

一般財団法人インド経済研究所理事長

榊原氏の画像
  • 優れた料理人を顕彰する料理マスターズ制度が出来てから11年目になります。フランスの農事功労章を見習って作ったものですが、日本にも定着してきたようです。日本は日本料理のみならず、フランス料理・イタリア料理等でも一流のものが多く、まさに、フランスにも匹敵する料理王国だといえるのでしょう。

重田 秀豪

株式会社インサイト 代表取締役

重田氏の画像
  • 世界からも注目されている日本の食材を、更に魅力的な”食”に発展させて下さった料理人の方々を表彰する「料理マスターズ」顕彰制度。この顕彰制度が、料理人の方々は勿論のこと、食材を生産する方々、食材に関連するすべての方々を幸せにし、農林水産業の発展に繋がる制度になればと願っています。

辻 芳樹

学校法人辻料理学館 理事長
辻料理専門学校 校長

辻氏の画像
  • 農林水産業の発展に料理人の果たす役割は大きいと思います。この顕彰制度が世界に類を見ない日本の料理・製菓業界の高水準を保持し、料理人の意識向上のきっかけとなり、農林水産業のさらなる発展に貢献してくれることを切望いたします。

仲野 隆三

農業アドバイザー・6次産業化ボランタリー

仲野氏の画像
  • 日本料理は、農林水産業などにたずさわる人々の知恵により四季折々の食文化を形成してきた。これを高めたのが料理にであり、食材の持つ滋味に富んだ料理に発展させた。また、これを支えたのが農業や漁業などでの目利き人です。生産者と料理人が織りなす日本の食文化を世界に発信してゆきたい。

西川 恵

毎日新聞社 客員編集委員

西川氏の画像
  • 豊かで多様な農林水産品、各地の素晴らしいお酒やワイン、更には料理、伝統的な職人技の陶磁器や装飾品など。日本には食にまつわる誇るべきものが存在します。これを総合してトータルな食文化として提示することで日本のソフトパワーは更に上がります。「料理マスターズ」顕彰制度をその起爆剤にしたい。

服部 幸應

学校法人服部学園 理事長
服部栄養専門学校 校長 

服部氏の画像
  • 世界中で日本料理に対する健康志向が増加してきました。その中でも地域の農水産食材に関心を示す料理人が出てきました。この顕彰受賞者を始め、この顕彰を持っていることがステータスになり、志や仕事に対する使命感の高まりにつながることを期待します。

村田 吉弘

株式会社菊の井 代表取締役
NPO法人日本料理アカデミー 理事長

村田氏の画像
  • 日本の財産である世界一美味しい日本の食材、そしてその食材を使って世界一美味しい料理を作る日本の料理人たちは、農林水産業の発展に重要な役割を持っています。この顕彰制度によって、地産地消や食文化の普及のため、日本各地の料理人がより一層努力すると期待を寄せています。

お問合せ先

食料産業局食品製造課外食産業室

代表:03-3502-8111(内線4352)
ダイヤルイン:03-6744-7177
FAX番号:03-3502-5336