このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品産業の働き方に関するアンケート

   食品産業における働き方改革の実施状況や従業員の方が望む働き方を調査するために、食品企業の従業員の方々とマネジメント層の方々を対象として、アンケートを実施しました。
   また、「食品産業の働き方改革早わかりハンドブック」は、このアンケート結果を基に作成しています。

アンケート実施期間

平成30年2月

アンケート回答者

業種 マネジメント層 従業員
食品製造業※1 62人 150人
食品流通業※2 126人 300人
外食産業 18人 150人
※1  弁当、惣菜などの中食事業者を含む。
※2  食品小売業(スーパーマーケット、専門小売)、食品卸売業、生鮮食料品卸売業を含む。
たくさんのご協力
ありがとうございました!
お礼

調査結果

マネジメント層の約4割が「働き方改革は必要だと思うし、既に取り組んでいる。」と回答。
一方、従業員の2割しか取り組んでいる認識はなく、意識の差が現れている。

【アンケート結果】働き方改革は必要だと思いますか(1つだけ選択)。(マネジメント層/従業員数)

01
従業員が選ぶ取り組まれていない理由第1位は「トップの意識が低いから」

【設問】「『必要だと思うがまだ取り組めていない』と回答した人に伺います。お勤め先で『働き方改革』が取り組まれていない理由は何だと考えますか。(複数回答可)(従業員対象)」

02

お問合せ先

食料産業局企画課

代表:03-3502-8111(内線4135)
ダイヤルイン:03-6744-2064
FAX番号:03-3508-2417

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader