このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者数の中間公表

農林水産省は、本年7月29日より、「てまえどり」を含めた消費者啓発に取り組む小売・外食事業者及び地方自治体の募集を行っています。10月13日(木曜日)現在で、全国で73事業者、60自治体からのご応募をいただいており、引き続き、10月28日(金曜日)まで募集を行っています。皆さまのご応募をお待ちしています。

1.趣旨

我が国で大量に発生する食品ロスの削減に向けて、令和元年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行され、令和2年3月31日には、「食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針」が閣議決定されました。その中で、食品関連事業者は、消費者とのコミュニケーションをとりながら、食品ロス削減に向けた取組を進めていくことが求められています。
農林水産省は、小売・外食事業者や地方での食品ロス削減の機運を高めるとともに、昨年6月より事業者と連携して取り組んでいる「てまえどり」の呼びかけを含めた消費者への啓発を促進するため、本年10月の食品ロス削減月間にあわせ、全国の小売・外食事業者、地方自治体に対して、消費者への啓発活動を働きかけてきました。

2.内容

全国の小売・外食事業者に対し、農林水産省や関係省庁等が作成したポスター等を活用した店舗での消費者への啓発活動の実施を働きかけたところ、10月13日現在で73事業者からご応募いただきました。
また、事業者へ食品ロス削減の普及啓発を呼びかける地方自治体を募集し、60自治体からのご応募をいただいています。
消費者の皆様には、ぜひこの機会に、ご自身の身近な地域における取組に目を向け、お近くの店舗を訪れるなど、食品ロス削減の取組にご理解とご関心を一層深めていただきたいと思います。
なお、応募は10月28日(金曜日)まで募集を行っていますので、積極的なご応募お待ちしております。
10月13日現在の消費者啓発に取り組む小売・外食事業者及び地方自治体の一覧については以下をご覧ください。

食品ロス削減啓発活動協力事業者及び地方自治体一覧(PDF : 234KB)(10月13日現在)

参考
令和4年7月29日付プレスリリース
「食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者、地方自治体を募集します」
https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/220729.html

○使用いただく啓発資材例
農林水産省作成の「食品ロス削減に資する店頭用啓発資材」(PDF : 967KB)

3.啓発資材活用の事例紹介

以下に、エリアにおける事業者の啓発資材活用事例を紹介しております。
小売・外食事業者におかれましては、事例を参考に消費者啓発の取組を推進いただき、応募の検討をお願いします。

啓発資材活用の事例紹介(PDF : 2,000KB)

※事例紹介事業者名

全国:株式会社セブン&アイ・ホールディングス
北海道:イオン北海道株式会社
東北:株式会社ベルジョイス
関東:株式会社オータニ
北陸:生活協同組合コープいしかわ

東海:株式会社サンヨネ
近畿:株式会社ハートフレンド
近畿:京都生活協同組合
中国四国:株式会社フジ・リテイリング
九州:株式会社新鮮マーケット
沖縄:株式会社丸大

お問合せ先

新事業・食品産業部外食・食文化課食品ロス・リサイクル対策室

代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader