このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

容器包装利用・製造等実態調査

「容器包装リサイクル法」に基づき平成9年度から、容器を製造している事業者、容器包装を利用している事業者、輸入業者には、容器包装廃棄物の再商品化の義務が生じることとなっています。
各事業者に課せられる再商品化義務量は、国が毎年度公表する「数量」「比率」等に基づき算出されます。
この調査は、容器包装を用いた商品の販売額、容器包装の利用量等を集計、分析して、再商品化義務量を算出するときに必要となる「数量」「比率」等を国が算定するための標本調査で、毎年度実施しています。

令和2年度

  • 容器包装利用・製造等実態調査票(PDF : 522KB) (EXCEL : 844KB
  • 簡易回答票(PDF : 85KB) (WORD : 55KB
  • 電子申請による提出を希望される方は、e-Gov電子政府の総合窓口から手続きも可能です。
    1.e-Gov電子政府の総合窓口のトップページ(https://www.e-gov.go.jp/[外部リンク])画面の申請・届出「e-Gov電子申請」をクリック。
    2.電子申請メニュー 申請・届出「申請(申請者・代理人)」をクリック。
    3.「キーワードを入力」の欄にID番号【5950000003555】を入力し、ラジオボタン「手続情報全体から検索」を選択し、「検索」ボタンをクリック。
    4.検索結果一覧に表示される「容器包装利用・製造等実態調査」をクリックし、調査票の記入及び提出手続を行ってください。(注、ご使用の機材や通信環境によっては、電子申請をご利用いただけない場合もあります。その際は、お手数ですが、紙媒体でのご協力を願えますと幸いです。)

関連資料

説明会について

本年は諸般の事情により、各地で開催していた説明会を中止します。説明会資料はこのページに掲載していますので、ダウンロードしてご覧ください。

  • 容器包装利用・製造等実態調査記入例(PDF:1,117KB
  • 容器包装利用・製造等実態調査の概要と調査票の記入方法について(PDF:2,025KB)   分割版1(PDF:1,329KB) 分割版2(PDF:1,384KB

調査に関するお問合わせ先

容器包装利用・製造等実態調査事務局
電話:03-5302-6818(土、日、祝日を除く、午前9時から午後6時)

過去の調査結果

平成15年度以降の調査結果をご覧いただけます。

お問合せ先

(調査について)
大臣官房統計部生産流通消費統計課消費統計室
担当者:食費産業動向班
代表:03-3502-8111(内線3717)
ダイヤルイン:03-3591-0783
FAX:03-3502-3634

(容器包装リサイクル法について)
食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室
担当者:容器包装リサイクル班
代表:03-3502-8111(内線4320)
ダイヤルイン:03-3502-8499
FAX:03-6738-6552

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader