このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第9回中山間地域等総合対策検討会  議事要旨

  • 印刷
  1. 日時:平成14年6月25日    10時30分~12時00分
  2. 場所:農林水産省第一特別会議室
  3. 議事の概要

(1)資料説明

[1]中山間地域等総合振興対策について
地域別振興アクションプラン(案)について説明。

[2]中山間地域等直接支払制度の実施状況について
平成13年度中山間地域等直接支払制度の実施状況及び中間点検(案)について説明。

(2)委員の意見等の概要

地域別振興アクションプランについて

  • アクションプランは地域の内発的な取組を助長するものであり、市民セクターの参 加を含めた新たな主体の構築や経営主体として農協の積極的な活用にも目を向ける 必要がある。
  • 農業粗生産額の3割増という高い目標を掲げている地域があるが例えば、加工品目数の増加といった身近な“地域独自の手作り指標”の例が増えており、評価できる。

平成13年度中山間地域等直接支払制度の実施状況及び中間点検について

  • 全体として8割の水準に達したことや地域の自主性が高まっていることは評価で きる。このような中で研究者の間でも関心が高まっており、各種の調査研究が進んでいるので、これらの成果を今後フォロ-していく必要がある。
  • 零細規模の集落協定は中長期的には継続が困難となる恐れがあるので、今後の展 開に当たっては集落間の連携や第三セクターとの連携等が必要である。
  • 集落協定において、将来の集落像のマスタープラン(任意的事項の策定状況についても今後調査が必要である。
  • 集落協定が中心となっているなかで、個別協定をどう位置付けるかについては今後の課題である。

(以上)

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部中山間地域振興課 
代表:03-3502-8111(内線5632)
ダイヤルイン:03-3501-8359
FAX:03-3592-1482