このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

若い世代の食事習慣に関する調査結果(令和元年度11月)


 食育基本法(平成17年法律第63号)に基づき、平成28(2016)年3月に決定された「第3次食育推進基本計画」では、「若い世代を中心とした食育の推進」を重点課題の1つとして定めています。
 農林水産省では、若い世代の食生活の現状を分析するため、令和元(2019)年11月に、18歳~39歳の男女2,000人を対象にウェブによるアンケート調査を実施しました。

調査の概要

 若い世代の食生活について、朝食の摂取や栄養バランスに配慮した食生活(主食・主菜・副菜を組み合わせた食事の摂取)等の食事習慣における課題と、生活習慣等の背景要因との関連に着目した調査及び分析を行った。

調査方法:ウェブ上で回答するアンケート調査
調査期間:2019年11月11日(月曜日)~11月18日(月曜日)
調査対象:18歳~39歳の男女2,000名(うち、男性1,017名、女性983名)
              〇学生、栄養や料理に関する専門教育を受けたことのある者は対象外

調査結果

(参考)報道発表資料

報道発表資料(PDF : 467KB)

若い世代向けの啓発資材


本調査結果等を踏まえ、農林水産省では、若い世代向けの啓発資材を作成しました。
是非御活用ください。
URL: https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/wakaisedai/balance.html

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:西尾、友石、田畑
代表:03-3502-8111(内線4578)
ダイヤルイン:03-6744-2125
FAX番号:03-6744-1974

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader