このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

実践食育ナビ

参考になる取り組み

食品メーカー    食品メーカーの取り組み

ハウス食品グループ本社 株式会社

農業を体験することで
食の大切さを知る
ハウス食品グループ本社 株式会社

従来の食育活動に環境教育をプラス

ハウス食品グループは、2009年から社会貢献活動として、家族で食と農と環境のつながりを体験できる「ハウス食と農と環境の体験教室」を実施しています。農業体験やカレー作り等の食育活動に、環境教育という新たな視点を加えたのが「ハウス食と農と環境の体験教室」です。活動の様子は、同グループのホームページから閲覧することができます。


生態系を守るためのルールは、外来種の生物を「入れない」「捨てない」「広げない」。在来種はビオトープに放します



生態系を守るためのルールは、外来種の生物を
「入れない」「捨てない」「拡げない」。
在来種はビオトープに放します

ページトップへ

キーワードは知って、作って、食べて、つながって

この「ハウス食と農と環境の体験教室」は、野菜や稲の成長、自然の移り変わりと生き物の観察などをするために年に4~5回、連続して参加することが特徴です。自らの手で作物を植えて収穫することは、時間と手間がかかる分、愛情も生まれてきます。食の大切さは、収穫したお米や野菜を調理して食べることで、自然環境の大切さは田畑や周囲の自然とのふれあい、生き物の観察などを通して気づきます。「知ること」「作ること」「食べること」の実体験を通して、食と農が自分自身にも「つながって」いることを学んでほしいという願いを込めて実施しています。

お昼のカレー作りは真剣そのもの

お昼のカレー作りは
真剣そのもの

釜で炊いたごはんで味わうカレーライスは格別

釜で炊いたごはんで味わう
カレーライスは格別

 

ページトップへ

特徴は連続体験型、NPO連携、農地の活性化

「ハウス食と農と環境の体験教室」の特徴は3つ。(1)連続体験型であること(2)NPOなどの団体と連携していること(3)都市近郊農地を活性化していること。(1)は、春の田植えや秋の稲刈りなど一度だけの農業体験ではなく、年に4~5回連続して農地に行き、農作業、調理、環境教育を行っています。(2)(3)は、食品会社として食の原点である農業(田畑)を通じた食育活動を社会的な課題である遊休農地などを活用して実施したいと考えた結果、地域に根差したNPOなどの団体と連携して実施しています。

親子で田植えにチャレンジ。ロープに付けた目印に沿って一直線に植えます

親子で田植えにチャレンジ。
ロープに付けた目印に沿って
一直線に植えます

ページトップへ

全国展開の活動

全国に多数あるNPOなど団体の中から、ハウスの活動に共感してくれる団体を探すのは簡単なことではありませんでした。2009年、兵庫県などの3団体から始まり、2014年は北海道、千葉県、埼玉県、東京都、愛知県、兵庫県、広島県7地区10団体と連携。2015年には福岡県にも拡大します。

ページトップへ

お客様と直接触れ合える学びの場

「ハウス食と農と環境の体験教室」には、毎回、社員ボランティアが参加しています。しかし、募集案内をすれば、すぐに集まるというわけではありません。参加にあたっては、仕事という感覚ではなく社員が個人として食と農と環境のつながりを体験してほしい、さらにお客様と直接触れ合ういい機会になる、と呼びかけています。

実際に参加した社員からは、カレー作りの際の商品説明やコミュニケーションを通して、“お客様の生の声”を聞くことができたとの感想も寄せられ、仕事のモチベーションにもつながっているようです。このような社員の声や当日の様子は、イントラネットで社内に公開しています。

ページトップへ

農体験のほか幼稚園や保育所でカレー作りも

全国の幼稚園・保育所の児童を対象に、カレー作りを通して、食べ物の大切さ、料理をする楽しさ、食べることの喜びを伝える取り組み「はじめてクッキング」教室は、1996年から始まり、昨年までの18年間で約545万人の子どもたちが参加しています。毎年50万人の子どもたちがはじめてのカレー作りに挑戦するこの教室は、ハウス食品グループを代表する食育活動です。

他にも、カレーやスパイスなど身近な食品を通じて、毎日の食事を見直す力を支援する「出張授業」や「工場見学」「店頭食育イベント」「料理教室」など、さまざまな食育活動にも取り組んでいます。

食材に触れて食べ物の大切さを知り、みんなで料理する楽しさや喜びを感じることができる「はじめてクッキング」

食材に触れて食べ物の大切さを知り、
みんなで料理する楽しさや喜びを
感じることができる
「はじめてクッキング」教室

 
小・中学生を対象に実施している「出張授業」。スパイスを通じて、世界とのつながりや異文化に対する興味、関心を深めます

小・中学生を対象に実施している「出張授業」。
カレーやスパイスなどを通じて、国際的な視野を
広げたり、日々の食事を見直す力を
養うための支援を行なっています

ページトップへ   





























 

管理本部 CSR部 CSR推進課 専門マネージャー松浦和美さん


当グループの食育活動は、「きっかけづくり」であり、そこで得た食育意識を日常生活の中でお客様にどう生かしていただけるかが課題です。今後、プログラムの充実を図ったり、シニア層等各年代毎の活動を実施することで、社会に貢献できる持続可能な活動にしてまいります。

コーポレートコミュニケーション本部CSR部CSR推進課

チームマネージャー  松浦和美さん

2015年1月現在

関連リンク