このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

玄米及び精米商品の年月旬表示への切替えに取り組む事業者(募集)

 玄米及び精米商品の年月旬表示への切替えは、食品ロスの削減効果などが見込まれるところであり、より多くの事業者が見直し・切替えに取り組むことが効果的です。

10月は、食品ロス削減推進法において、「食品ロス削減月間」として位置づけられております。

農林水産省では、同月30日の「食品ロス削減の日」を「全国一斉商慣習見直しの日」と位置づけ、食品ロス削減に向けた納品期限の緩和や賞味期限表示の大括り化などの商慣習の見直しに取り組む食品事業者を募集しているところです。

これらを踏まえて、今般、玄米及び精米商品についても、令和3年10月30日時点で年月旬表示を導入済または導入予定時期が決まっている米取扱事業者を改めて募集し、事業者名の公表を行います。

(1)募集対象者

年月旬表示に切替えられた玄米及び精米商品の製造または販売を行う(または行う予定の)米取扱事業者(生産者、農業協同組合、食品卸売業・食品製造業者、小売業者等)

(2)募集期間

令和3年9月10日(金曜日)~令和3年10月22日(金曜日)

(3)回答項目

・年月旬表示の導入の有無及び事業者名公表の可否

(任意回答)
  ・年月旬表示の導入状況(アイテム数)
  ・賞味期限表示の導入状況

(4)応募方法

こちらのフォームから応募してください。

(5)公表方法

とりまとめ次第、農林水産省のホームページ上に、事業者名を一覧として公表します。

お問合せ先

農産局農産政策部企画課

担当者:企画班
代表:03-3502-8111(内線4972)
ダイヤルイン:03-6738-8964