このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

担当:消費・安全局農産安全管理課

栽培用アマ種子における遺伝子組換え体(FP967)の検査法

 1.概要

本検査法は、アマの種子を検査対象とする。DNA抽出精製はGenomic-tip 20/G (QIAGEN社)を用い、1検体から2反復でDNAを抽出精製する。抽出DNA試料中の目的遺伝子の有無を内在性遺伝子検出用プライマー対・プローブ及び組換え体由来遺伝子検出用プライマー対・プローブを用いたリアルタイムPCRで確認することより、検体が遺伝子組換えアマFP967を含むか判定する。

2.検査法

栽培用アマ種子における遺伝子組換えアマ(FP967)の検査法(PDF:245KB)

3.個別事項の説明

検査対象

和名: アマ
学名: Linum usitatissimum 

DNA抽出精製

   QIAGEN社のGenomic-tip 20/G を使用。

   緩衝液中に抽出したDNAを陰イオン交換樹脂膜に吸着させ、不純物を取り除いた後、溶出。

 

PCRプライマー対及びプローブ

  名称 標的遺伝子 サイズ 遺伝子配列 (注)
1

アマSAD遺伝子配列検知プライマー対・プローブ

(内在性遺伝子検出用)

SAD 68 bp

F:GCT CAA CCC AGT CAC CAC CT

R:TGC GAG GAG ATC TGG AGG AG

P:FAM- TGT TGA GGG AGC GTG TTG AAG GGA -BHQ1

2

NOSターミネーター及びスペクチノマイシン耐性遺伝子

の境界領域配列検知プライマー対・プローブ

(組換え体由来遺伝子検出用)

NOST-Spec 105 bp

F:AGC GCG CAA ACT AGG ATA AA

R:ACC TTC CGG CTC GAT GTC TA

P:FAM- CGC GCG CGG TGT CAT CTA TG -BHQ1

(注) F:フォワードプライマー、R:リバースプライマー、P:プローブ 

 

使用PCR機器及び反応条件

   1)検査法の開発・確立に使用したPCR機器

      ABI 7900HT、ABI 7600(いずれもアプライドバイオシステムズ社)

   2)反応条件

      50℃, 2分間 → 95℃, 10分間 → [95℃, 15秒間 → 60℃, 1分間] × 45cycles

   3)PCR試薬

      Taqman Universal PCR Master Mix

  

検出限界

   0.01%

 ※抽出DNAで算出(詳細は参考文献 1 参照)

 

参考文献

[1] Nakamura.K, Akiyama.H, Yamada.C, Satoh.R, Makiyama.D, Sakata.K, Kawakami.H, Mano.J, Kitta.K, and Teshima.R, 
Novel Method to Detect a Construct-Specific Sequence of  the Acetolactate Synthase Gene in Genetically-Modified Flax CDC Triffid(FP967), Biological and pharmaceutical Bulletin, 2010, 33(3), 532-534

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:組換え体管理指導班
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX:03-3580-8592

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader