このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

木質バイオマスエネルギー利用動向調査の概要

 調査の目的

木質バイオマスエネルギーの動向を把握し、木質バイオマスエネルギーを利用した発電施設等における木材利用の推進、木材の安定供給、地域振興など森林・林業施策の推進に資するとともに、我が国の木材の需給状況を明らかにする木材需給表や森林・林業基本計画等の基礎資料として活用することを目的とする。

 調査の沿革

平成28年度から新規調査として実施する。

 調査の根拠法令

統計法(平成19年法律第53号)第19条第1項に基づく総務大臣の承認を受けた一般統計調査である。

 調査の対象

木質バイオマスエネルギーを利用した発電機及びボイラーを有する事業所。

 抽出方法

事業者が発電機又はボイラーを設置する際に活用した補助金の交付業務を通じて把握した情報及び関係機関からの情報等により把握した事業所について、全数調査を行う。

 調査事項

ア 事業所の概要
イ 木質バイオマスエネルギーを利用した発電機の利用動向
  (ア) 発電機の種類、出力規模及び用途
  (イ) 発電機の取得年及び所有基数
  (ウ) 発電機の平均年間稼働日数及び1日当たりの平均稼働時間
  (エ) 熱電併給の有無
ウ 木質バイオマスエネルギーを利用したボイラーの利用動向
  (ア) ボイラーの種類、出力規模等及び用途
  (イ) ボイラーの取得年及び所有基数
  (ウ) ボイラーの平均年間稼働日数及び1日当たりの平均稼働時間
エ 公的補助の活用状況
オ 事業所内で利用した木質バイオマスに関する事項

 調査の時期

調査事項のアについては調査実施年の前年12月末時点、調査事項のイ~オについては調査実施年の前年1月1日から同年12月31日までとする。

 調査の方法

都道府県又は市町村を経由して調査対象者に調査票を郵送又は電子メールにより配布・回収する方法により行う。

 集計・推計方法

全国計及び都道府県別の数値は、各都道府県の調査結果を単純積み上げで算出し、各平均値は単純平均で算出している。

 用語の解説

この調査において木質バイオマスエネルギーとは、木材チップ、木質ペレット、薪、木粉(おが粉)等の木質バイオマスの燃焼によって発生するエネルギーをいう。

 調査票

 木質バイオマスエネルギー利用動向調査調査票(PDF:356KB)

 

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課

担当者:畜産・木材統計班
代表:03-3502-8111(内線3686)
ダイヤルイン:03-3502-5665


林野庁林政部木材利用課

担当者:木質バイオマス推進班
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297