このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成29年4月7日

担当:消費・安全局農産安全管理課農薬対策室

作物分類

はじめに 

平成20年度の農薬登録制度に関する懇談会(以下「懇談会」という。)において、農薬登録に必要な作物残留試験の例数について議論が行われました。

その結果、

  1. 残留農薬基準値及び農薬の摂取量のより正確な推定に使用するため、作物の生産量に応じて作物残留試験の例数を増やすこと
  2. 一方で、単に試験例数を増やすだけでなく、これで得られたデータをより有効に活用するため、国際的に行われている作物群(グループ)の農薬登録の導入を検討すること

が必要とされました。

これを受けて、農林水産省では、

1.について、農薬の登録申請の際に提出が必要な作物残留試験の例数を見直しました(「農薬の登録申請に係る試験成績について」(平成12年11月24付け農産第8147号農林水産省農産園芸局長通知)及び「「農薬の登録申請に係る試験成績について」の運用について」(平成13年10月10日付け13生産第3986号農林水産省生産局生産資材課長通知)の平成23年4月1日付け改正に基づき、平成26年度から実施)。

2.について、作物グループの登録を進めるため、作物の種類ごとに作物群での登録の基礎となる作物分類を作成し、案ができたものから順次、公表することとしました。

ここでは、作物分類の目的及び分類の基本的な考え方、作成した作物分類を掲載しています。

 目的

より多くの作物を個別作物ごとだけではなく、作物群(グループ)としても登録できるようにするため、農薬を使用する作物をCodexの食品分類を基本としつつ、我が国の実状を反映して分類し、作物群を設定します。

その結果、以下のように、科学的な判断に基づき、食品の安全を確保しつつ、農薬登録に当たって必要となるデータ数の軽減が可能になります。また、我が国の残留基準値とCodex基準値との整合が図れます。

  1. 登録申請者にとって、合理的な作物残留データを収集するための目安になります。
  2. 同一の使用方法で使用される作物群での農薬登録や残留基準の設定が可能になります。 

作物分類の基本的な考え方 

  1. 作物分類の対象は、農薬登録及び残留基準設定の対象となる作物で、国内で栽培又は我が国に輸入されている作物です。作物を分類する際には、生産の過程で農薬が使用される全ての作物をいずれかの作物群に帰属させます。
  2. 原則として、現在採択されているCodex Classification of Foods and Animal Feedsの食品分類に従います。
  3. 農薬登録する際には、作物群や当該作物群の下位作物群(小作物群)としてではなく、従来どおり個々の作物毎に登録や残留基準の設定を行うこともできます。

分類における考慮点と方法

1. 分類における考慮点(優先する順に記載)

(1) 農薬残留に関する同等性(農薬残留濃度、植物代謝経路)

(2)食品としての利用の際の同等性(可食部位等)

(3) 植物学的同等性

(ア)分類上の類似性(属する科・属・種、収穫物の形状等)

(イ)栽培上の類似性(栽培方法、収穫までの期間、肥大速度等)

2. 分類の方法(注)

(1) 同一作物でも、食品として複数の利用部位がある場合には、各部位ごとに作物群中に位置付けます(例:だいこんの葉は葉菜類、根は根菜類)。

(2) 我が国における農薬の使用方法や作物の可食部位などが諸外国と異なる場合には、上記「1.分類における考慮点」に基づき、Codex Classification of Foods and Animal Feedsと異なる分類にする場合もあります。

(3) Codex Classification of Foods and Animal Feedsに記載されていない作物については、上記「1.分類における考慮点」に基づき、我が国独自の分類を行います。

(注)現在は、既に地域特産作物や生産量の少ないいわゆる「マイナー作物」を中心に14グループに分類し、これによる農薬登録を行っていますが、今回は、これを見直し、改めて新しい作物分類に分類しています。

分類表について

分類表には、利用者が分類の根拠を確認できるよう、以下の事項を併せて記載しています。

(1) 各作物群構成の基本的な考え方

(2) Codex Classification of Foods and Animal Feedsに則していない分類については、分類を異とする科学的な根拠

作物分類(平成29年4月~)

参考リンク

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課農薬対策室

代表:03-3502-8111(内線4503)
ダイヤルイン:03-3502-5969
FAX:03-3501-3774

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader