このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「食育」ってどんないいことがあるの?

農林水産省では、食育推進に資するエビデンス(根拠)を国民へ分かりやすく広報することを目的として、平成29(2017)年度に、第3次食育推進基本計画に掲げられている3つの目標「朝食を欠食する国民を減らす」、「栄養バランスに配慮した食生活を実践する国民を増やす」、「農林漁業体験を経験した国民を増やす」を取り上げ、それぞれの取組がなぜ大切なのか、取り組むことでどのようなメリットがあるのかをエビデンス(根拠)に基づき整理したパンフレット「「食育」ってどんないいことがあるの?~エビデンス(根拠)に基づいて分かったこと~」を作成しました。

平成30(2018)年度には、新たに「共食」に関するエビデンスを対象とするとともに、「農林漁業体験」に関するエビデンスは、平成29(2017)年度の内容を更に充実させ、第2弾となるパンフレットを取りまとめました。

令和元(2019)年度には、第1弾、第2弾のパンフレットを統合した、「統合版」を取りまとめました。

食育に関心のある方や食育の取組を実践している方々を通して、広く国民の皆さまに本パンフレットのメッセージが届くことを期待しています。また、本パンフレットのメッセージには、その根拠となる研究結果が紐付いていますので、より詳しく知りたい方は、ぜひエビデンステーブルや論文も御覧ください。
 

「食育」ってどんないいことがあるの?~エビデンス(根拠)に基づいて分かったこと~統合版 (令和元年10月) 

パンフレット全体版はこちら(PDF : 3,684KB)

HTML版はこちら

【分割版】

詳しい研究結果(エビデンステーブル等)の紹介

共食をするとどんないいことがあるの?

朝食を毎日食べるとどんないいことがあるの?

栄養バランスに配慮した食生活にはどんないいことがあるの?

農林漁業体験をするとどんないいことがあるの?

「食育」ってどんないいことがあるの?~エビデンス(根拠)に基づいて分かったこと~Part2(平成31年3月)

食育の推進に役立つエビデンス(根拠)

(1)共食をするとどんないいことがあるの?

(2)農林漁業体験をするとどんないいことがあるの? 

(参考)農林漁業体験:海外の研究から分かったこと

詳しくはこちら

「食育」ってどんないいことがあるの?~エビデンス(根拠)に基づいて分かったこと~(平成30年3月)

食育の推進に役立つエビデンス(根拠)

(1)朝食を毎日食べるとどんないいことがあるの?

(2)栄養バランスに配慮した食生活にはどんないいことがあるの?

(3)農林漁業体験をするとどんないいことがあるの?

諸外国の食育施策
  他の国ではどんなフードガイドを用いているの?

詳しくはこちら

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4578)
ダイヤルイン:03-6744-2125
FAX番号:03-6744-1974

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader