このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

3  調査結果の詳細 (2.  現在の食生活について)

(1)健全な食生活の心掛け

  日頃から,健全な食生活を実践することを心掛けているか聞いたところ,『心掛けている』と回答した人の割合が76.9%(「常に心掛けている」23.7%+「心掛けている」53.2%),『心掛けていない』と回答した人の割合が22.6%(「あまり心掛けていない」20.3%+「全く心掛けていない」2.4%)となっている。(図2 - 1

  健全な食生活について,4人に3人が『心掛けている』と回答している。
  性別に見ると,『心掛けている』と回答した人の割合は女性で高く,『心掛けていない』と回答した人の割合は男性で高い。
  性・年齢別に見ると,『心掛けている』と回答した人の割合は,女性の30歳代,60歳代,70歳以上で高く,『心掛けていない』と回答した人の割合は男性の20歳代から50歳代,女性の20歳代で高い。(図2-1-1

(2)栄養バランスに配慮した食生活

  主食・主菜・副菜を3つそろえて食べることが1日に2回以上あるのは,週に何日あるか聞いたところ,「ほぼ毎日」と回答した人の割合が58.1%,「週に4~5日」と回答した人の割合が17.6%,「週に2~3日」と回答した人の割合が16.3%,「ほとんどない」と回答した人の割合が7.7%となっている。(図2 - 2

  栄養バランスに配慮した食生活について,世代間別に見ると,若い世代(20~39歳)では,「ほぼ毎日」と回答した人の割合は約4割にとどまっており,1割台が「ほとんどない」と回答している。
  性・年齢別に見ると,「ほぼ毎日」と回答した人の割合は女性で約6割と高いが,女性の20歳代ではその割合が4割弱と低い。男性の20歳代と30歳代では「ほぼ毎日」と回答した人の割合は約3割と低くなっている。(図2-2-1

(3)栄養バランスに配慮した食事を増やすために必要なこと

  主食・主菜・副菜を3つそろえて食べることが1日に2回以上あるのは,「週に4~5日」,「週に2~3日」,「ほとんどない」と回答した人に,3つそろえて食べる回数を増やすために必要なことを聞いたところ,「時間があること」を挙げた人の割合が55.4%,「手間がかからないこと」を挙げた人の割合が51.2%と高く,以下,「自分で用意することができること」(33.7%),「食費に余裕があること」(29.0%)の順となっている。(3つまでの複数回答,上位4項目)(図2 - 3

  栄養バランスに配慮した食事を増やすために必要なことについて,世代間別に見ると,「時間があること」を挙げた人の割合は若い世代(20~39歳)で高い。
  性・年齢別に見ると,「手間がかからないこと」を挙げた人の割合は女性の30歳代と40歳代で高く,「自分で用意することができること」を挙げた人の割合は女性の30歳代と70歳以上で高く,「外食やコンビニ等で手軽に取ることができる環境があること」を挙げた人の割合は男性の40歳代で高い。(表2 - 3

(4)朝食摂取頻度

  ふだん朝食を食べるか聞いたところ,「ほとんど毎日食べる」と回答した人の割合が83.5%,「週に4~5日食べる」と回答した人の割合が4.2%,「週に2~3日食べる」と回答した人の割合が4.1%,「ほとんど食べない」と回答した人の割合が8.2%となっている。(図2 - 4

  朝食摂取頻度について,性別に見ると,「ほとんど毎日食べる」と回答した人の割合は男女とも8割以上である。
  性・年齢別に見ると,『ほとんど食べない』と回答した人の割合は男性の20歳代から40歳代,女性の20歳代で高くなっている。(図2-4-1

(5)朝食を食べるために必要なこと

  ふだん朝食を「週に4~5日食べる」,「週2~3日食べる」,「ほとんど食べない」と回答した人に,朝食を食べるために必要なことを聞いたところ,「朝,食欲があること」を挙げた人の割合が42.7%,「朝早く起きられること」を挙げた人の割合が40.3%,「朝食を食べる習慣があること」を挙げた人の割合が38.3%,「自分で朝食を用意する時間があること」を挙げた人の割合が37.3%,「自分で朝食を用意する手間がかからないこと」を挙げた人の割合が32.2%,「夜遅くまで残業するなど労働時間や環境に無理がないこと」を挙げた人の割合が17.6%の順となっている。(複数回答,上位6項目)(図2 - 5

  朝食を食べるために必要なことについて,性別にみると,「自分で用意する時間があること」を挙げた人の割合は女性で高く,「外食やコンビニ等で手軽に朝食をとることができる環境があること」を挙げた人の割合は男性で高い。
  性・世代間別に見ると,「自分で朝食を用意する時間があること」,「朝早く起きられること」を挙げた人の割合は若い世代(20~39歳)の女性で高く,「夜遅くまで残業するなど労働時間や環境に無理がないこと」を挙げた人の割合は若い世代(20~39歳)の男性で高くなっている。(表2 - 5

 |目次戻る次へ

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4578)