ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食育の推進 > 健全な食生活の実現 > 食生活指針について


ここから本文です。

                             

食生活指針について

食生活指針

 

家族のイラスト

食事を楽しみましょう

  • 心とからだにおいしい食事を、味わって食べましょう
  • 毎日の食事で、健康寿命をのばしましょう
  • 家族の団らんや人との交流を大切に、また、食事づくりに参加しましょう

 

1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを

 

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを

 

ごはんなどの穀類をしっかりと

 

野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて

  

食塩や脂肪は控えめに

    ※平成12年3月食生活指針策定時の食塩の目標量。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」において、成人1人1日あたりの食塩目標量は1日男性が8g未満、女性が7g未満が望ましいとされています。

 

適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を

 

食文化や地域の産物を活かし、ときには新しい料理も

 

調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なくお手伝いのイラスト

 

自分の食生活を見直してみましょう 

 

参考資料

 

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政課
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX:03-6744-1974

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図