このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

生鮮食品の機能性表示食品の相談窓口


農林水産省では、生鮮食品における機能性表示食品の取組を促進するため、品目ごとの相談窓口を設置しています。
生鮮食品の品目ごとの事前相談は、以下にお願いします。

 品目等  相談窓口  連絡先
代表:03-3502-8111
備考
野菜・果実 生産局 園芸作物課  内線:4790
 ダイヤルイン:03-3501-4096
きのこ類のうち、マッシュルーム(和名:ツクリタケ)を含む
食肉鶏卵 生産局 食肉鶏卵課  内線:4940
 ダイヤルイン:03-3502-5989
 
米・麦 【米】政策統括官付穀物課

【麦】政策統括官付貿易業務課
 内線:4779
 ダイヤルイン:03-6744-1392

 内線:5011
 ダイヤルイン:03-6744-0585
 
きのこ 林野庁 経営課特用林産対策室  内線:6087
 ダイヤルイン:03-6744-2289
きのこ類のうち、マッシュルーム(和名:ツクリタケ)は除く
水産物 水産庁 加工流通課  内線:6619
 ダイヤルイン:03-3502-8427
 
定量試験法に関するJAS規格等  食料産業局 食品製造課基準認証室  内線:4482
 ダイヤルイン:03-6744-2098
 
機能性表示食品届出指導員養成講座 食料産業局 食文化・市場開拓課  内線:4601
 ダイヤルイン:03-3502-5723
 
機能性の科学的根拠 農林水産技術会議事務局 研究推進課  内線:5891
 ダイヤルイン:03-3502-7437
研究レビュー(農研機構)
相談先が不明な場合 消費・安全局 消費者行政・食育課  内線:4550
 ダイヤルイン:03-3502-5716
 


<機能性表示食品とは>
  事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
  生鮮食品についても、販売前に食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を消費者庁長官へ届け出ることにより、機能性を表示することができます。


<機能性表示食品届出指導員養成講座>
  生鮮分野において機能性表示食品制度について適切な助言を行うことができる者を養成するため、機能性表示食品届出指導員養成講座を開催します。
  問い合わせ先:公益財団法人  食品流通構造改善促進機構
                        担当:業務部  杉本、寺田(TEL:03-5809-2176)
  http://www.ofsi.or.jp/kinousei/

 


機能性表示食品制度については、消費者庁にお尋ねください。

消費者庁(代表:03-3507-8800)

消費者庁 機能性表示食品に関する情報

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

代表:03-3502-8111(内線4550)
ダイヤルイン:03-3502-5716
FAX番号:03-3502-0594