このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ご家庭でペチュニアを栽培されている方へ

Q1 未承認の遺伝子組換えペチュニアが販売されていると聞きました。どのようなものなのでしょうか。

A 今回、未承認の遺伝子組換えであることがわかったペチュニアは、複数の市販品種を交配し、選抜などを行って改良し、育成されたものです。このため、交配に用いられた市販品種に、遺伝子組換え体のものがあった可能性があります。

生育やその他の特性について、これらの品種が他のペチュニア品種と大きく変わるといった情報はありません。 

Q2 持っている種子や栽培しているペチュニアは処分しなければならないのでしょうか。

A 当該ペチュニアの種子や苗を購入した方で、まだ、お庭やプランターに植えていない方は、栽培をしないでください。

また、すでにお庭やプランターに植えてしまった方は、当該品種と別の品種との意図的な交配や、新たに当該品種の種子をとることはしないでください。抜き取った場合は、生ゴミとして処分してください。

Q3 遺伝子組換えペチュニアを見分ける方法はありますか。

A ペチュニアについて、遺伝子組換え体かどうかを見た目から見分けることはできません。農林水産省と環境省は、遺伝子組換え体であると判明したペチュニア品種について、その名称を公表することとしています。

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課

担当者:組換え体企画班・組換え体管理指導班
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX番号:03-3580-8592

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader