このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

取扱いのポイント

  • 印刷

原則

原料汚泥中の放射性セシウム濃度が200 ベクレル/kg以下の場合については、汚泥肥料の原料として使用できる。

  • 対象となる地域は汚泥から放射性セシウムが検出された都県。
    (岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、長野県、山梨県、静岡県、新潟県)
  • 原料汚泥として評価。(脱水汚泥又は焼成した汚泥として)
  • 200 ベクレル/kg以下であれば、乾燥汚泥や汚泥発酵肥料等の原料として使用できる。
  • 汚泥の排出者は、原料汚泥について放射性セシウム濃度を測定し、汚泥の搬出先等とともに記録・保管するとともに農林水産省農政事務所等へ毎月10日迄に報告する。
  • 汚泥肥料の生産業者は、原料汚泥の放射性セシウム濃度が200 ベクレル/kg以下であることを確認のうえ原料として使用し、搬出元・数量等とともに記録・保管を行う。

記録の記載項目例

汚泥発生者

会社名、住所、担当者、電話番号

年月日 原料汚泥の種類 汚泥の用途 引渡事業者名、住所 数量 セシウム濃度
           

 

記録の記載項目例(エクセル:36KB)

記録の送付先

事業場所在地の農政局に送付して下さい。担当課:消費・安全部安全管理課

記録の送付先一覧
農政局(担当都県)郵便番号住所電話番号
東北農政局
(岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)
980-0014 仙台市青葉区本町3-3-1 022-263-1111
関東農政局
(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、新潟県)
330-9722 さいたま市中央区新都心2-1 048-600-0600
北陸農政局
(新潟県)
920-8566 金沢市広坂2-2-60 076-263-2161

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:肥料企画班 、肥料検査指導班
代表:03-3502-8111(内線4508)
ダイヤルイン:03-3502-5968
FAX:03-3580-8592