このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

レッドマウス病の発生及び今後の防疫対応

  • 印刷
平成27年3月10日更新

担当:畜水産安全管理課水産安全室

平成27年3月10日、石川県水産総合センター美川事務所において、持続的養殖生産確保法に基づく特定疾病であるレッドマウス病の発生が国内で初めて確認されました。石川県は、飼育池の全てのシロザケの焼却処分等のまん延防止措置を既に実施しています。

各都道府県に対し、注意喚起を促し、防疫措置を徹底するため、以下の通知を発出しました。また、今後の防疫対策については、以下の参考資料を御覧ください。

なお、本病については、人に感染することはないため、仮に感染した魚の肉を摂取しても人体に影響はありません。

関連通知

参考資料

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
担当者:水産防疫班・猪狩、高岸
代表:03-3502-8111(内線4539)
ダイヤルイン:03-6744-2105
FAX:03-3502-8275

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader