このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成28年11月15日

担当:消費・安全局植物防疫課国内検疫班

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について


「ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)」はウメやモモ等の重要な植物ウイルスです。このページではウメ輪紋ウイルスの特徴や防除等について掲載しています。

このウイルスは果実を介してウメ、モモ等の核果類の果樹に自然感染したという報告はありません。 また、このウイルスは植物に感染するものであり、人に感染しませんので、果実を食べても健康に影響ありません。

万一、ウメ、モモ、スモモなどの葉や実などに見慣れない症状が見つかった場合には、速やかに最寄りの植物防疫所にご連絡ください。

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の特徴

緊急防除の概要New

調査の概要 

防除の概要

強化対策の概要

ウメ輪紋ウイルスに感染した植物に関する情報提供のお願い 

  • 農林水産省では、 ウメ輪紋ウイルスに感染した植物に関する情報を広く求めています。
  • 詳しくは、こちらをご覧下さい。

ウメ輪紋ウイルスの関係情報

  • 対策検討会
  • プレスリリース
  • 関係規則・通知等
  • 植物防疫所からのお知らせ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

お問合せ先

消費・安全局植物防疫課

担当者:国内検疫班
代表:03-3502-8111(内線4564)
ダイヤルイン:03-6744-9644
FAX番号:03-3502-3386

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader