ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 植物検疫に関する情報 > ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について


ここから本文です。

更新日:平成26年6月17日

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について

「ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)」はウメやモモ等の重要な植物ウイルスです。このページではウメ輪紋ウイルスの特徴や防除等について掲載しています。

  • このウイルスは果実を介してウメ、モモ等の核果類の果樹に自然感染したという報告はありません。 また、このウイルスは植物に感染するものであり、人に感染しませんので、果実を食べても健康に影響ありません。
  • 万一、ウメ、モモ、スモモなどの葉や実などに見慣れない症状が見つかった場合には、速やかに最寄りの植物防疫所(PDF:38KB)にご連絡ください。

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の特徴

緊急防除の概要

調査の概要 

防除の概要

ウメ輪紋ウイルスに感染した植物に関する情報提供のお願い 

ウメ輪紋ウイルスの関係情報

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
担当者:国内検疫班  小宮、浅見
代表:03-3502-8111(内線4564)
ダイヤルイン:03-3502-5976
FAX:03-3502-3386

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図