このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

我(わ)が国の食料の自給についておしえてください。

こたえ


我が国の食料自給率(しょくりょうじきゅうりつ:その国で消費される食料がどのくらい国内で生産されているか)は、平成30年度では37%です。
ご飯を食べる量が減って肉や油を使った料理が増(ふ)えるなどの食生活の変化によります。
世界的な人口増加(ぞうか)などによる食料の需要(じゅよう)が増える、気候変動による生産減少(げんしょう)など、国内外の様々な要因(よういん)によって食料供給(きょうきゅう)に影響(えいきょう)をおよぼす可能性(かのうせい)があり、食料の安定供給(あんていきょうきゅう)に対する国民の不安も高まっています。
したがって、食料自給率を高めていくためには、行政(ぎょうせい)、生産者、事業者などがそれぞれの立場から力を合わせて、取り組むことが重要です。

参考
知ってる?日本の食料事情
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/index.html



令和2年更新


 

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115