このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

有機JASマークがついた野菜は無農薬・無肥料ではないのでしょうか。マークの意味を教えてください。

回答

有機JASマークがついた野菜は、農業の自然循環機能の維持増進を図るため、以下の方法で生産された「有機農産物」です。
たい肥等で土作りを行い、種まき又は植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用しない
土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる
農業生産に由来する環境への負荷をできる限り軽減
遺伝子組み換え技術を使用しない

この有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。無農薬・無肥料で栽培しているわけではありませんが、化学的に合成された肥料の使用を避け、制限された限られた農薬を使用することを基本として、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
また、「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

こうした基準を設けることで、消費者が商品を選ぶときの目安にすることが出来ます。

詳細は、農林水産省のホームページにおいて情報ページがございます。
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html


    

   



参考資料

 

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529