このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省選考採用(国家総合職事務系)情報

2020年7月17日更新

農林水産省では、民間企業、国際機関、研究機関等において、勤務経験のある方を対象に、選考採用(国家総合職事務系)を実施します。

2020年度 農林水産省選考採用(国家総合職事務系)の実施について

職務内容

農林水産省所管行政に関する政策の企画及び立案に関する事務を担当する、係長又は課長補佐相当職員として採用します。
農林水産業という幅広いフィールドで、ピンチをチャンスに変えていく、広い視野と問題意識、そしてチャレンジ精神を持つ方、幹部候補生として、我が国の将来の在り方をデザインできる方をお待ちしております。

      

受験案内・応募書類

(1)受験案内
係長級(PDF : 212KB)
課長補佐級(PDF : 198KB)
 ※両方に申し込むことも可能です。

(2)応募書類
応募書類は、下記の3種類となります。

  1. 履歴書(様式1(WORD : 26KB)
  2. 職務経歴書(様式自由、A4・1枚以内)
    ※これまでの職務経歴について、期間、業務内容(担当業務の詳細、実績等)やポジション(職位や部下の数等)を御記載ください。
  3. 小論文(様式2(WORD : 22KB)

ファイル名を「氏名.様式1/様式2.docx」として、令和2年8月16日(日曜日)までに送信してください。
なお、〆切日時に遅れた書類について受理いたしません。
(例)氏名が「農林太朗」で様式1の場合は、「農林太朗.様式1.docx」

(3)応募方法
メールにより応募書類を送付してください。メール以外の方法(郵送等)は受け付けません。

件名:選考採用試験応募(氏名)
本文:応募先(係長級/課長補佐級/両方 いずれか)を記載ください。
宛先:sogo_jimu※maff.go.jp
 ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部を変更しております。「※」を「@」に変更の上、送信してください。
 ※メールの本文に、どのような媒体で農林水産省の選考採用を知ったか記入してください(1.農林水産省HP 2.転職サイト(サイト名をご記入ください) 3.その他)。


選考日程

受付期間:令和2年7月20日(月曜日)~令和2年8月16日(日曜日)

第1次選考合格発表:令和2年8月24日(月曜日)までに合格者のみへ連絡します。

第2次選考:第1次選考合格者について、随時日程調整します。

採用予定日:令和2年10月1日(木曜日) ※応相談

  

応募資格

大学卒業後、民間企業、官公庁、国際機関、研究機関等において勤務した経験が応募時において通算で下記の年数となる者。
(係長級)5年以上
(課長補佐級)10年以上

 ※係長級と課長補佐級の両方に申し込むことが可能です。

 ※当該資格を満たしているかどうかを確認するため、最終合格者の方には勤務証明書等を御提出いただきます。勤務証明書等が提出できない期間は、職務経験に通算されませんので御注意ください。また、勤務証明書等を提出できない場合又は虚偽の記載がなされている勤務証明書等があった場合には、採用予定が取り消される場合があります。

 

採用予定数

若干名

説明会

農林水産省と一口に言っても、その行っている業務は多岐に渡ります。
1次産業や地域の活性化に関わる・・・なんとなくイメージはできても、具体的には何ができるのか、働いている職員は何を考えているのか、はっきり思い描くことは難しいかもしれません。
今回開催する説明会では、「自分が農林水産省で働く」ことをもっと身近に感じていただけるよう、中途採用で農林水産省に入省した職員も交えてリアルをお伝えしていきます。
農林水産省への転職に興味のある皆さま、ぜひご参加ください。

日時:8月4日(火曜日)17時00分~18時00分
場所:オンライン
プログラム:
(1) 業務説明
農林水産省の政策分野、キャリアパスのモデルケースなどをご説明します。
(2)中途採用者によるパネルディスカッション>/span>
テーマ例・農水省に転職した理由は?
・農水省で生きるスキルとは?
・農水省で仕事をする魅力、やりがいは?
(3)質疑応答
予約はこちら

https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/kanbo/hisyo/senkou_jimu_setsumeikai.html
定員に達したため、予約を締め切りました。

募集の詳細はこちらにも掲載しております。
→転職情報サイト エンゲージ https://en-gage.net/maff_saiyo2/(外部リンク)

お問合せ先

大臣官房秘書課
  担当者:企画第1班  川端、八木
  代表:03-3502-8111(内線3002)
  ダイヤルイン:03-6744-2001
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader