このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

寒さに強く、おいしい豆腐ができる大豆新品種「とよまどか」(十育258号)

ポイント

  • ショ糖含量が高く、おいしい豆腐ができる。
  • 「ユキホマレ」よりも豆腐として固まりやすい。
  • 「ユキホマレ」よりも低温障害に強い。
  • 「とよみづき」よりも倒れにくい。

とよまどかの草姿

とよまどかの草姿

(左)とよまどか、(中)とよみづき、(右)ユキホマレ

とよまどかの草姿は、とよみづき、ユキホマレと変わらない。

とよまどかは豆腐加工適性に優れる

豆腐加工適性の比較

とよまどかは、ユキホマレよりも豆腐破断応力が高い(豆腐として固まりやすい)、とよみづきよりもショ糖含量が高く、おいしい豆腐になることから豆腐加工適性に優れる。

とよまどかは倒伏しづらく、低温障害に強いので栽培しやすい

低温・倒伏耐性の比較グラフ

とよまどかは、とよみづきよりも倒伏しづらく、ユキホマレよりも低温障害(低温による裂開)が発生しない。

低温による裂開粒

裂開粒の写真

左:とよまどか、右:ユキホマレ

低温に当たってもとよまどかは裂開していないが、ユキホマレは裂開している。

とよまどかの普及見込み面積

とよまどかの普及見込み面積の地図

十育258号の普及見込み面積は、5000ha。

農林水産省のコメント

導入効果や普及の見通しが明らかであり、北海道は全国の大豆収穫量の4割を占め、広域性も有すると考えられることから、推進すべき成果と考える。
【政策統括官付穀物課】

詳細情報

平成30年農業新技術発表会要旨 寒さに強く、おいしい豆腐ができる大豆新品種「十育258号」[外部リンク]

農業技術情報広場研究成果一般課題H30大豆新品種候補「とよまどか」(十育258号)[外部リンク]


成果に関するお問い合わせ先

地方独立行政法人北海道立総合研究機構
十勝農業試験場研究部大豆グループ
電話:0155-62-2431


他の農業技術を探す


農業最新技術・品種2019

お問合せ先

大臣官房政策課技術政策室

担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3128)
ダイヤルイン:03-6744-0415
FAX番号:03-6744-0204

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader