このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

草地における難防除雑草「ハルガヤ」の生育特性と低減対策

ポイント

  • ハルガヤは種子生産が非常に早くかつ多い。また、埋土種子の出芽も長期にわたるため短期的な根絶は困難で、草地更新後も再発生のリスクが高い。そのため各種対策を組み合わせ、長期的にその数を低減していくことが必要である
  • ハルガヤ低減には埋土種子対策の輪作、播種当年種子を結実させず適期に播種床処理する草地更新法、競合力が強くアレロパシー感受性の低い草種の選択および適切な施肥による維持管理が有効である。

ハルガヤの出穂期の様子(5月始め)

ハルガヤの出穂期の写真

10cmに満たない草丈から出穂開始(05月02日)。

ハルガヤは早い時期から出穂し、種子をつける。

ハルガヤ開花期の様子

ハルガヤ開花期の写真

ハルガヤの穂で草地が茶色に見える。

種子生産量が多い(10万粒/m2)ので、草地がハルガヤに優占されてしまう。

ハルガヤに対する飼料用とうもろこし用除草剤の効果

除草剤の効果の比較

左:アトラジン45%・4葉期茎葉処理、右:無処理

ハルガヤに飼料用とうもろこし用除草剤(アトラジン)の効果があるので、草地更新前に飼料用とうもろこしを作付けすることでも減少させることができる。

ハルガヤ播種後の発芽率推移

ハルガヤ播種後の発芽率推移のグラフ

ハルガヤの種子は越冬後に発芽する場合があるので、再発生のリスクが高い。

草地における施肥量の違いによるハルガヤ構成割合

ハルガヤ構成割合のグラフ

ハルガヤは、施肥量が少ないと翌年の構成割合が高くなる。また、チモシーではなくオーチャードグラスを作付けすることで構成割合を抑制できる。

ハルガヤの種子生産時期を考慮した草地の更新法

草地の更新法の表

ハルガヤの種子を生産させないために、前年秋または当年5月までにグリホサート系除草剤を処理する。8月の播種前に再度グリホサート系除草剤を処理し、埋土種子から発生したハルガヤを退治する。

ハルガヤ対策後、更新3年目の草地の比較

ハルガヤ対策後、更新3年目の草地の比較の写真

左:1回刈り後体系処理(従来法) ハルガヤ 10%、右:春夏体系処理(新法) ハルガヤ 0.2%

従来法ではハルガヤが更新当年に種子をつけ、更新後に再発生している(茶色に見える部分がある)。従来法に比較し、新法では更新後の草地におけるハルガヤの構成割合を大幅に下げることができる。

草地雑草『ハルガヤ』の低減対策

草地雑草『ハルガヤ』の低減対策パンフレット表紙

ハルガヤ低減対策マニュアルを作成し、配布(PDFでも入手可能)。

農林水産省のコメント

北海道を中心に草地に繁茂したハルガヤが生産性を低下させるため課題となっている。本研究の成果の活用により、ハルガヤ低減対策を進めるなど、草地の適切な維持・管理に期待できる。
【生産局畜産部飼料課】

詳細情報

草地雑草『ハルガヤ』の低減対策[外部リンク]

平成30年農業新技術発表会要旨 敵を知り対策を立てよう!草地にはびこる雑草「ハルガヤ」[外部リンク]

農業技術情報広場研究成果一般課題H30草地における難防除雑草「ハルガヤ」の生育特性と低減対策[外部リンク]

問い合わせ先

地方独立行政法人北海道立総合研究機構
畜産試験場家畜研究部技術支援グループ
電話:0156-64-6151


他の農業技術を探す


農業最新技術・品種2019

お問合せ先

大臣官房政策課技術政策室

担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3128)
ダイヤルイン:03-6744-0415
FAX番号:03-6744-0204

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader