このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

高速高精度汎用播種機

ポイント

  • 作業速度5~10km/hでの高速播種が可能です。
  • これまでは困難だった稲乾田直播での高速点播が可能です。
  • 稲、麦、大豆、そば、トウモロコシ、牧草など、様々な作物の播種に適応可能で、不耕起栽培にも対応します。さらに、牧草の簡易更新にも利用できます。

開発機(8条仕様)の外観

開発機の外観写真

開発機は、播種ユニットと施肥ユニットから構成されるトラクタ装着型の機械である。6条用と8条用があり、水稲、麦、大豆、そば、トウモロコシ、牧草などの作物に対応可能で、条間30cm(トウモロコシでは条間75cm)の栽培様式に対応する。種子繰出装置は、高速・高精度に種子を繰出すことが可能なダブルプレート式を採用しており、播種プレートを交換することで容易に様々な作物に適応が可能である。 播種ユニットは、接地荷重が変更可能(500~1,200N)であり、接地荷重を高めることで、不耕起ほ場にも適応可能である。

開発機の主要諸元

開発機の主要諸元表

水稲乾田直播の作業速度と点播精度

水稲乾田直播の作業速度と点播精度の表

(三重県農業研究所、耕起区)(品種:コシヒカリ)

開発機は、水稲では約5~10km/h、麦類では約7~9km/h、大豆では約5~7km/hの高速で播種することが可能である。水稲の乾田直播では作業速度5km/h程度で高精度な点播が可能であり、大豆では出芽後の株間のばらつきが従来機よりも小さく播種精度が高い。

大豆の播種精度の比較

大豆の播種精度の比較表

(茨城県農業総合センター、不耕起区)(品種:里のほほえみ)

農林水産省のコメント

不耕起栽培でも使用ができ、作業速度は、稲、麦、そばでは慣行機よりも約2倍の速度で作業が可能。
【生産局技術普及課】

詳細情報

2017年度普及成果情報 水稲、麦、大豆、牧草などに対応し、高速点播が可能な高速高精度汎用播種機[外部リンク]

プレスリリース(2017年09月08日) 高速高精度汎用播種機を開発中 -1台で稲、麦、大豆、そば、トウモロコシ、牧草など様々な作物に対応-[外部リンク]


問い合わせ先

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
農業技術革新工学研究センター企画部広報推進室
電話番号:048-654-7030


他の農業技術を探す


農業最新技術・品種2019

お問合せ先

大臣官房政策課技術政策室

担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3128)
ダイヤルイン:03-6744-0415
FAX番号:03-6744-0204

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader