このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

~放牧子牛の成長を見える化する~ 自動体重計測システム


成果の概要
  • 放牧牛の体重を無人で計測することができます。
  • 放牧地でもソーラーパネル電源で稼働できます。
  • 日々の放牧牛の体重の推移を把握できます。
  • 水飲み場が1か所とすることで、速やかに牛の馴致が可能です。実証地では2日程でほぼ全頭が学習し利用できています
  • 発育状況に応じて配合飼料量の調節する等の飼養管理の高度化が可能です。

研究成果の紹介動画





研究の背景


   家畜の飼養管理において体重把握は重要ですが、農家では体重計測はほとんど実施されていません。これは複数人で牛を集め、牛を一頭ずつ体重計枠にのせて、牛個体ごとに体重を計測・記帳する等の労力面の課題がありました。

   そこで省力的に体重計測が可能なシステムとして、放牧牛用体重計測システムを開発しました。放牧牛の日々の体重を把握することで、補助飼料の給与量や草地の草の状態等を評価し、飼養管理の高度化が可能となります。


成果の紹介


システムの概略

ポイント1

システムは牛個体識別タグに対応した体重計を放牧地の水飲み場前に設置し、水を飲みにきた放牧牛の体重を牛個体ごとに記録するシステムです。

放牧牛の自動体重計測

ポイント2

水飲み場に水をのみにきた牛の体重を測定します。放牧地には水飲み場は1か所とすることがポイントです。水飲み場には一日何度か水を飲みに来るので、複数回の測定値が得られます。

スマートホンに表示された体重

ポイント3

計測された体重はスマートホンで見ることができます。

表示プログラムによる体重推移の見える化

ポイント4

放牧牛の日々の発育状況をグラフ化することができます。


詳細情報


電子タグを用いた放牧牛自動体重計測手法(日本草地学会誌. 印刷中)喜田環樹・中尾誠司・平野清・手島茂樹

-----
本研究は農研機構生研支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち人工知能未来農業創造プロジェクト)」の支援を受けて実施しました。

研究成果に関する問い合わせ先

国立研究開発法人  農業・食品産業技術総合研究機構
畜産研究部門  研究推進部研究推進室  渉外チーム
koho-nilgs@naro.affrc.go.jp



トップページに戻るときはこちらから

トップ写真

お問合せ先

大臣官房政策課技術政策室

担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3127)
ダイヤルイン:03-6744-0408
FAX番号:03-6744-0204