このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

てん菜の大型収穫機を用いた新技術導入・情報統合による新たな精密農業


成果の概要
  • てん菜の定植作業と収穫作業を支援する組織を立ち上げた。
  • てん菜の狭畦栽培は慣行栽培に比べて直播で約6%、移植で14%多収となり収穫物当たりの生産コストは低減する。
  • 生産者が作業を委託することで主に春の作業競合が緩和し、経営面積の増加に応じてばれいしょてん菜の作付面積を増やし、タマネギ作付面積を維持することが可能になるため、所得の向上をはかることができる。
  • 過去の可変施肥データ、衛星データ、裸地の映像などから土壌肥沃度を作物生育の関係を解析することで可変施肥の効果が高い畑とそうでない畑(排水対策などを優先)を判別し、前者に可変施肥することで効率的な可変施肥が可能になる。効率的な可変施肥を行うことで収益は10aあたり3805円から7497円増加する。

研究成果の紹介動画





研究の背景


   今後北海道の葉策においても、生産者の経営面積は増えることが予測されており、耕起、植え付け、育苗、定植作業等が集中する、4月下旬から5月上旬の作業競合がさらに激しくなると予測されます。このため、仮に経営面積が1割増えても、所得を増やすことができません。

   そこで、生産者がてん菜の定植と収穫作業を委託できる作業支援組織を設立し、さらに多収化が期待できる狭畦栽培を導入することで、輪作の適正化と増収による所得の向上をはかります。さらに、効率の高い可変施肥技術を開発し、その収益改善効果を実証しました。


成果の紹介


支援組織が使用するテラドスT-4

ポイント1

一台で120ha~160haの(実証地域の約2割の作付面積に相当)テンサイ収穫が可能であることを実証している。


てん菜狭畦栽培の収量

ポイント2


直播栽培:2019年3ヶ所の平均
移植栽培:2017年から2019年育苗期間7週間未満の7ヶ所の平均

狭畦栽培の収量は慣行栽培に比べて直播栽培で6%、移植栽培で14%高い。

生産者の所得向上効果

ポイント3

40ha規模の家族経営で10%規模拡大した場合を想定した試算(直播率10%)

生産者の所得は外部支援組織に作業を委託することで、慣行(経営面積10%増)に比べて、2867千円増える。

腐食含量(熱水抽出窒素と高い相関)と作物の生育との関係別の可変施肥による増収効果


ポイント4


可変施肥の増収効果は土壌の腐食含量と作物生育との相関が高い畑では6%と高いが、関係が不明瞭な畑の増収効果は2%を下回る。


効率的に実施した可変施肥の経済性

ポイント3

収量・肥料は慣行栽培に対する百分比
収益は導入費を1459千円/年とし50haの経営で使用するものとした場合の慣行栽培からの増加

可変施肥を効果の高い畑に行うことで収益は10aあたり3805円から7497円増加する

詳細情報


短紙筒狭畦移植機と自走式多畦収穫機等を用いたてんさいの狭畦栽培(令和元年度北海道農業試験会議(生産システム部会)指導参考)(PDF : 490KB)[外部リンク]

藤田ら   稼働費用の比較から見たてん菜新技術の導入に必要な作業面積-ロボット6畦狭畦用短紙筒移植機および高効率大型6畦狭畦収穫機を対象に-農研機構研究報告   第3号:9 ~ 17(2020)[外部リンク]

生育・収量・土壌センシング情報の活用による可変施肥効果の安定化(令和元年度北海道農業試験会議(生産システム部会)指導参考)(PDF : 608KB)[外部リンク]


本研究は生研支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)」の支援を受けて行った

研究成果に関する問い合わせ先

国立研究開発法人   農業・食品産業技術総合研究機構
北海道農業研究センター技術についての問い合わせフォーム
https://prd.form.naro.go.jp/form/pub/naro01/harc_tech[外部リンク]



トップページに戻るときはこちらから

トップ写真

お問合せ先

大臣官房政策課技術政策室

担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3127)
ダイヤルイン:03-6744-0408
FAX番号:03-6744-0204