このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

メンバー活動状況(オプティマルキッチン欒)

ナビゲーションボタン

Let’s 和ごはんプロジェクトメニュー

右矢印

日時:2021年11月14日
活動内容:『魚さばきたいプロジェクト』
魚離れが進む昨今の現状を改善する一助とならないかと考え、親子、特に魚を捌いたことのない方に向けて、大阪ガスクッキングスクールにて、魚に触って、捌いてもらう、オプティマルキッチン欒(おうち)開催の講座を行いました。SDGsの14番「海の豊かさを守ろう」、魚の油はカラダに良い(油脂の話)・一からお造り・照焼き・骨で潮汁を作り食事することの全てに感謝をすることを伝えました。

 



会場の様子説明を受ける様子
調理魚を捌く

 

日時:2021年11月7日
活動内容:『和食でツナグ未来の食卓』において、主催者辻井よしみ氏「食で変わる心と体」、農林水産省「和食を未来へ」を講演し、だし・調味料の現在の簡単便利な物と伝統的な物の違いを食品表示から紐解き解説しました。加工食品診断士協会代表理事 安部司氏により、和食の現状・料理離れをなくす方法、食事を作ることで子供たちが変わる実体験、加工度が高くなればなるほど栄養素も減って添加物も多くなる現状、未来の子供たちへ正しい和食文化をどのように継承するかについて講演しました。

 



会場実演辻井氏

 

お問合せ先

大臣官房新事業・食品産業部
外食・食文化課食文化室

代表:03-3502-8111(内線3085)
ダイヤルイン:03-3502-5516