このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

徳島堰を拓いた徳嶋兵左衛門

「月夜でも焼ける」干ばつ地帯を潤す

山梨県韮崎市、南アルプス市
1620年(元和6年)?~没年不詳

徳島堰
現在の徳島堰

釜無川の右岸地域は、甲府盆地の北西部、南アルプス連峰の麓に位置し、釜無川の段丘扇状地と御勅使川扇状地にまたがり、北部が水田地帯で、南部は春から秋にかけてたくさんのの果樹が実ります。この地域に欠かすことが出来ないのが延長約17キロメートルに達する県内最大の農業用水路「徳島堰」です。

この徳島堰は、江戸深川の人「徳嶋兵左衛門」により、上円井(韮崎市)から富士川舟運の起点、鰍沢(南巨摩郡鰍沢町)までの水路を開削し、荒地の新田開発と甲信駿河三国(現在の山梨県、長野県、静岡県)を舟運で結ぶという、遠大な構想から計画され、今から約340年前の1665年(寛文5年)2月に兵左衛門の私財により工事が始められました。

水路のほとんどが土水路で、石積みにより取水口を作り、河川など数カ所の難所を横断し、2年後の春には飯野南橋(旧白根町)まで通水させたのですが、この年に兵左衛門は、工事から突然手を引き、後の工事は甲府城代に引き継がれ、1670年(寛文10年)に工事が完成しました。

兵左衛門の舟運構想は実現されることはなく、何れに姿を消したのかは不明ですが、この工事の完成により、豊かな水が流れ、いたるところに美田の開発が進み、地域農民の生活は飛躍的な発展をとげました。この「徳嶋兵左右衛門」の功績を称え「徳島堰」と命名されて以来、歴史の中で何度もの復旧や大改修が行われました。昭和に入り、上水道の整備や畑地かんがい施設の整備が実施され「月夜でも焼ける」と言われた干ばつ地帯を潤すことが可能となり、現在も釜無川右岸地域の農業や生活を支えています。

参考情報

  • 参考文献:「徳島堰」三枝善衛/編    徳島堰組合/発行(1959年)
  • 施設位置:徳島取水口(韮崎市円野町上円井地先)
  • 観光ガイド:徳島堰沿い2kmに渡る桜並木は圧巻(桜の開花時期に合わせた桜祭りも開催されます。「南アルプス市」)

担当

山梨県 農政部 耕地課 計画調整担当
TEL:055-223-1630(直通)
FAX:055-223-1624

お問合せ先

農村振興局整備部設計課
代表:03-3502-8111(内線5561)
ダイヤルイン:03-3595-6338
FAX:03-5511-8251