このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農薬の再評価

農薬の再評価に係る優先度について

  • 農薬の再評価について

    〇 改正農薬取締法(2018年12月1日施行)において、全ての農薬について、定期的に、最新の科学的知見に基づき安全性等の再評価を行う仕組みを導入したところ。

    〇 具体的には、
      1. 改正法の施行後に登録された農薬については、今後、概ね15年ごとに再評価を実施、
      2. 改正法の施行時での既登録農薬については、2021年度から、優先度に応じて順次、再評価を実施。

  • 既登録農薬の再評価に係る優先度について

    〇 「農薬の再評価に係る優先度の規準」(第17回農業資材審議会農薬分科会資料)に基づき、既登録農薬(有効成分名)を分類し、優先度を決定。
    (既登録農薬の再評価は、国民の健康や環境に対する影響の大きさを考慮し、国内での使用量が多い農薬から優先的に実施。)

  • 農薬ごとの再評価の実施期間について

    〇 農薬(有効成分名)ごとの具体的な再評価の実施時期については、再評価実施の2年程度前に、順次公表していく予定。

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課農薬対策室

担当者:農薬企画班、農薬審査官
代表:03-3502-8111(内線4503)
ダイヤルイン:03-3502-5969
FAX番号:03-3501-3774