このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集2 抹茶(2)

特有の風味とほのかな苦みも楽しめる 抹茶を使ったおいしいレシピ



抹茶特有の色・香り・ほろ苦さを活かして、料理やお菓子を上品なおいしさに。
おなじみのメニューもいつもと違って感じられます。

抹茶の苦みと牛乳の甘みは相性抜群。牛乳は泡立ててカフェのメニュー風に。
抹茶の苦みと牛乳の甘みは相性抜群。牛乳は泡立ててカフェのメニュー風に。

抹茶ラテ
材料(1杯分)
抹茶 ティースプーン1杯
湯(または水) 約20ミリリットル
牛乳 100ミリリットル
砂糖 3グラム(好みで加減)
作り方
(1)抹茶はボウルなどに入れて湯を注ぎ、よく混ぜて溶かす。
(2)牛乳を温め、砂糖を加え、泡立て器で混ぜて泡を作る。
(3)(1)をカップに入れて上から(2)を注ぎ、抹茶少々(分量外)をふり、軽く混ぜていただく。

きれいな緑色で味はまろやか。抹茶をマヨネーズで溶いて混ぜるのがコツ。
きれいな緑色で味はまろやか。抹茶をマヨネーズで溶いて混ぜるのがコツ。

抹茶ポテトサラダ
材料(2人分)
じゃがいも 200グラム
牛乳 適量
抹茶 小さじ2分の1~1
マヨネーズ 大さじ2
粗びき黒こしょう、塩 各適量
かに風味かまぼこ 2本
ホールコーン缶 大さじ1~2
作り方
(1)じゃがいもは1センチメートル角に切って鍋に入れ、牛乳をひたひたに注いで火にかける。じゃがいもがやわらかくなったら熱いうちにつぶす(余った牛乳は捨て、ねっとりとしたマッシュポテトのようにする)。
(2)抹茶とマヨネーズを合わせてよく混ぜ、(1)に加え、こしょうと塩も加えて色が均一になるまで混ぜる。
(3)かに風味かまぼこは5ミリメートル幅に切り、コーンは汁けをきり、(2)に加えて混ぜる。ミニトマトやサニーレタスを添えて盛りつけてもよい。

抹茶あんは西京みそがベース。かんきつ類の果汁を加えるとさっぱりします。
抹茶あんは西京みそがベース。かんきつ類の果汁を加えるとさっぱりします。

白身魚のホイル焼き抹茶あん
材料(2人分)
白身魚(たら、たいなど) 2切れ
塩 少々
にんじん 40グラム
長ねぎ 30~40グラム
グリーンアスパラガス 2本
エリンギ 小2本
酒 小さじ2

<抹茶あん>
西京みそ 大さじ2
砂糖 大さじ1
抹茶、しょうゆ 各小さじ1
かんきつ類の果汁 少々
かんきつ類の皮(せん切り) 少々
作り方
(1)白身魚は薄く塩をふる。にんじんは細切り、ねぎは薄切りにし、アスパラガスとエリンギは食べやすく切る。
(2)アルミホイル2枚に(1)を半量ずつのせ、酒を小さじ1ずつふり、よく混ぜた抹茶あん適量とかんきつ類の皮をのせる。ホイルを閉じ、温めたオーブントースターで20分くらい焼く。

にんにく風味のパスタに抹茶を加え、より食欲をそそる香りに。
にんにく風味のパスタに抹茶を加え、より食欲をそそる香りに。

抹茶ソースパスタ
材料(2人分)
スパゲッティ(カペッリーニ、またはフェデリーニ) 150グラム

<抹茶ソース>
抹茶 小さじ2
水 30ミリリットル
昆布茶 小さじ1
オリーブ油 小さじ2
バター 5グラム
にんにく(みじん切り) 少々
しょうゆ 小さじ1と2分の1
粉チーズ 適量
好みでトマト、ツナ、コーン、粗びき黒こしょう 各適量
作り方
(1)抹茶ソースは、抹茶に水20ミリリットルを加えてつやが出るまでよく練り、水10ミリリットルを足してのばす。とろりとしてきたら、昆布茶を加えてなめらかになるまで混ぜる。
(2)スパゲッティをゆでる(5分くらい)。
(3)フライパンにオリーブ油、バター、にんにくを入れて熱し、湯をきった(2)、(1)の順に加えて混ぜ、しょうゆで味をととのえる。
(4)器に盛り、粉チーズをふり、好みでトマトの角切り、ツナ、コーンをのせ、こしょうをふる。

抹茶に合う素朴な甘さのみつがポイント。トッピングは好みで楽しんで。
抹茶に合う素朴な甘さのみつがポイント。トッピングは好みで楽しんで。

抹茶かき氷
材料(作りやすい分量)
抹茶 適量
氷 適量

<みつ>
水 200ミリリットル
てんさい糖 75グラム
グラニュー糖 85グラム
和三盆糖 15グラム
黒砂糖 少々
好みで寒天、白玉、甘納豆 各適量
作り方
(1)みつを作る。鍋に分量の水を沸騰させて砂糖類を加えて煮溶かし、粗熱をとり、冷蔵庫でひと晩ねかせる。
(2)抹茶は適量の湯で濃いめに溶き、冷ます。
(3)器に(2)を適量敷き、氷をかいて入れる。ひと口大に切った寒天、(1)と(2)を適量ずつかけ、好みで白玉、甘納豆をのせる。アイスクリームをのせたり、練乳をかけてもよい。

バターで焼いた麩に2種類の抹茶シロップを塗り、カリカリスイーツに。
バターで焼いた麩に2種類の抹茶シロップを塗り、カリカリスイーツに。

お麩で抹茶ラスク
材料(10~15個分)
麩(観世麩・直径3~4センチメートル) 10~15個 バター 16グラム

A:
抹茶、はちみつ 各小さじ1
水 小さじ2分の1
B:
抹茶、練乳 各小さじ1
水 小さじ2分の1
作り方
(1)フライパンにバター8グラムを入れ、弱火でゆっくり溶かす。麩を入れ、バターを含ませるように焼き、裏返してバター8グラムを足す。
(2)(1)を焼いている間に抹茶シロップを作る。AとBの材料をそれぞれ別の耐熱容器に入れ、よく混ぜ、電子レンジ(500ワット)で30秒ほど加熱し(少しゆるくなる)、再びよく混ぜる。
(3)麩にだいたいバターがしみ込んだら火を止め、半量にAを、残りにBを刷毛でぬり、しみ込ませる。フライパンから取り出し、粗熱をとる。

海外でも抹茶がブーム。
ロサンゼルスにも抹茶カフェがオープン

近ごろは「Matcha」という言葉が海外でも通じ、抹茶特有の風味やヘルシーなイメージが多くの人に受け入れられています。抹茶カフェがオープンする国もあり、アメリカ・ロサンゼルスには日本の官民ファンドなどがサポートする「SHUHARI(守破離)抹茶カフェ」が登場。地元の人や観光客で賑わっています。メニューには本格的な抹茶や緑茶だけでなく、抹茶エスプレッソ、抹茶ラテなどのドリンク、抹茶アイスクリームなどのスイーツが並び、日本人も驚く充実ぶりです。

また、海外から日本を訪れる観光客の間でも、抹茶を使ったお菓子などが人気の日本みやげになっています。

海外でも抹茶がブーム。ロサンゼルスにも抹茶カフェがオープン 海外でも抹茶がブーム。ロサンゼルスにも抹茶カフェがオープン



レシピ/安藤茂美
アレンジ・料理/大越郷子


読者アンケートはこちら