このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

【国産有機サポーターズ】



top

1.「国産有機サポーターズ」とは?

農林水産省では令和2年4月に、新たな「有機農業の推進に関する基本的な方針」を公表し、国内の有機食品の市場規模が2030年に約3,280億円に達すると見通したうえで、同市場への国産の供給割合(国産シェア)を、2017年の60%から2030年には84%まで拡大する目標を設定しました。

農林水産省ではこの目標達成に向け、国産の有機食品を取り扱う小売や飲食関係の事業者の皆様と連携し、生物多様性の保全や地球温暖化防止など、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する有機の取組の持つ価値や特徴を消費者に広く発信することにより国産の有機食品の需要喚起の取組を進めることとし、そのプラットフォームとして、「国産有機サポーターズ」を立ち上げました。

2.サポーターズ参加各社のご紹介

「国産有機サポーターズ」には、令和2年8月31日現在、以下の社にご協力・ご参画いただいております!
なお、以下の各社のロゴのリンク先のページには、サポーターの各社にいただいた情報をそのまま掲載しておりますので、内容についてのご照会は各社にお願いいたします。














店舗等の所在地別の国産有機サポーターズの一覧はこちらをご覧ください!

オンライン・カタログ販売

北海道  青森県  岩手県  宮城県  秋田県  山形県  福島県

茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県

新潟県
  富山県  石川県  福井県  山梨県  長野県  岐阜県  静岡県  愛知県  三重県


滋賀県
  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県


鳥取県
  島根県  岡山県  広島県  山口県  徳島県  香川県  愛媛県  高知県


福岡県
  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県



参加各社(「国産有機サポーター」という。)には、
(1)店舗等での国産有機食品の販売・提供
(2)有機農業、有機食品について、消費者に分かりやすく伝える取組の実施
(3)サポーターであることの情報発信
(4)農林水産省が、サポーターズの取組の周知やサポーター間の交流の促進等に向けて行う取組やイベント等の取組の機会の活用
に取り組んでいただいております。


国産有機サポーターズにご協力・ご参画頂ける事業者の皆様へ

サポーターとして登録を希望する方は、以下リンク「「国産有機サポーターズ」の募集について」をご参照の上、登録申請書に必要事項を記入し、必要なデータとともにorganic_supporters☆maff.go.jp(☆を@に変えてください。)あてご送付ください。
organic_supporters_top_touroku.png

「国産有機サポーターズ」登録申請書(WORD:31KBPDF:250KB)
国産有機サポーターズ  リーフレット(PDF:1,192KB)
国産有機サポーターズ規約(PDF:699KB)

3.「国産有機サポーターズ」に関する取組


農林水産省では、各種イベント等の場にて、サポーターズの取組等について紹介してまいります。

また、令和2年度「国産有機農産物バリューチェーン構築推進事業」では、国産有機サポーターズの取組事例集の作成やワークショップの開催等をつうじ、国産有機サポーターズの取組を広く紹介して行く予定です(令和2年度の取組について詳細を調整中ですので、決まり次第ご案内いたします)。


4.その他


○有機農業の環境保全効果

有機農業は、生物多様性の保全地球温暖化防止に効果があるとの調査結果が得られています。

diversity warming



○有機食品市場の状況

世界の有機食品売上は増加を続けており、日本の有機食品市場も2009年からの8年間で約4割拡大しています。

world

japan sale



有機農業推進に関する予算事業について

農林水産省では、有機農業の推進に向け、様々な事業を推進しています。
詳しくはこちらをご覧ください。



有機JAS制度について

有機JAS制度、登録認証機関や認証を受けた事業者の一覧、格付け実績等について、
詳しくはこちらをご覧ください。

※なお、有機農産物、有機畜産物、その加工食品に、有機、オーガニック等と表示するには、有機JASと有機JASマークが必要です。有機JASマークが付いていない商品には、「有機」と誤認させる紛らわしい表示もできません。


お問合せ先

生産局農業環境対策課

担当者:有機農業推進班
代表:03-3502-8111(内線4840)
ダイヤルイン:03-6744-2114
FAX番号:03-3502-0869