このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「野菜サポーター」の野菜消費拡大に関する取組

五十音順索引



ア行

株式会社 青粒


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇モロヘイヤ専門のWEBメディア「モロラボ」[外部リンク]を運営し、モロヘイヤの認知拡大、消費量・生産量の増加を目的に栄養価や健康効果などの魅力を発信。

〇2021年に、兵庫県神戸市にある甲南大学との共同研究で、モロヘイヤの抗酸化能とミネラル成分を分析を行った。(レポート:https://mololab.com/report/220609.html[外部リンク])

エブリカラーデイズ 合同会社


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇最旬野菜の栄養を丸ごと美味しくいただくサイト「Kuwatoteキッチン[外部リンク]」にて、旬の野菜のレシピや管理栄養士による野菜の栄養の豆知識、野菜の歴史や収穫状況などの情報を発信し、野菜の摂取・利用を促進。


カ行

株式会社 クリハラ


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇スーパーマーケット向けの惣菜キットの提案として、「野菜を食べようシリーズ」のメニューをHPに公開(https://kurihara1993.com/pages/156/[外部リンク])。

〇子供に楽しみながら野菜に親しんでもらうために開発した食育グッズ「やさいのペン JoyVege!」をクラウドファンディングサイトにて公開(https://www.makuake.com/project/kurihara01/[外部リンク])。

株式会社 クロスウェブ


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

自社HP上[外部リンク]にて、「野菜を食べようプロジェクト」のロゴと野菜サポーターである旨を記載し、野菜を食べようプロジェクトと野菜を摂取することの重要性を周知。

タ行

株式会社 TCS



ロゴ

  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

自社HP上にて、「野菜を食べようプロジェクト」のロゴと野菜サポーターである旨を記載し、野菜を食べようプロジェクトと野菜を摂取することの重要性を周知。

東洋アルミエコープロダクツ 株式会社



ロゴ

  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇野菜をもっと身近に、もっと手軽に楽しんでいただくための取組として、自社HP内に焼き野菜を楽しむためのコンテンツ「ベジたべるライフ[外部リンク]」を掲載。
最年少野菜ソムリエプロとして活躍している緒方 湊氏をアドバイザーとし、旬の野菜のおいしい食べ方や無駄なく食べるためのコツなどの情報を発信している。

ナ行

一般社団法人 日本即席食品工業協会


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇2022年4月に東京ビッグサイトで開催された第15回ホビークッキングフェア2022[外部リンク]にて、インスタントラーメンの正しい知識が身につく「安全安心講座」や、野菜をたっぷり使ったアレンジレシピの実演調理を行い、「野菜を食べようプロジェクト」について周知。

〇2022年6月にインスタントラーメン小学生レシピコンクール(テーマ:インスタントラーメンで野菜を楽しもう!)の開催告知を行う際、「野菜を食べようプロジェクト」ロゴマークを印刷した開催チラシを全国の小学校へ配布。応募用紙や参加賞のクリアファイルにもロゴマークを印刷し、「野菜を食べようプロジェクト」について周知。

日本陶彩 株式会社


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇2022年11月の店頭向け配布チラシ(Heart Plus22AW 冬2号)で「野菜を食べようプロジェクト」のロゴマークを掲載し、「野菜を食べようプロジェクト」とともに、野菜を摂取することの重要性を周知。


取組

ハ行

函館短期大学食物栄養学科


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇2022年9月25日開催のキャンパス見学会にて、見学参加者に対して野菜を使用した軽食のメニューを提供。

〇地元情報誌「ダテパー11月号(http://www.dateper.net/[外部リンク])」にて、野菜を使用したレシピを提供。

株式会社 ベルグリーンワイズ


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

野菜自体が持つ健康機能を伝える「機能性表示」や「栄養機能表示」等の表示制度についての無料セミナーを、2022年5月25日に青果流通関係者を対象に実施。(https://bellegreenwise.co.jp/new/post-35320/[外部リンク])

野菜自体が持つ健康機能を伝える「機能性表示」や「栄養機能表示」の商品開発や発売後の販売促進支援事業に関する取組内容を自社HP[外部リンク]にて公開。消費者の野菜や果物の成分に対する関心や、野菜の持つ機能性の情報発信についての重要性を周知。

〇青果物がもつ栄養・機能性・はたらきを伝える店頭表示を行うことにより、消費者の青果に対する関心を高めるため、公益財団法人 日本ヘルスケア協会 野菜で健康推進部会監修の「野菜のはたらきPOP表示(通称:YPOP)」の後任委託事業者として、様々な法規をふまえた上での店頭表示のマニュアルの提示、青果担当者への勉強会実施、店頭表示後のサポートなどの事業を実施するとともに、本取組の内容を自社HP[外部リンク]にて情報を発信。

〇野菜の魅力を伝える手段としての表示活用と、店頭で野菜の機能性を伝えるPOP表示について、多くの方々に周知するために、2022年10月12日~14日に幕張メッセで開催された農業総合展「農業Week」に出展。野菜の栄養・機能性・はたらきなどを伝える必要性や、表示制度の活用方法を説明する専門セミナー等を、青果に関わる様々な立場の方を対象に周知。出展の状況についても自社HP[外部リンク]にて公開。

ラ行

一般社団法人 ローカルコマーズLab


ロゴ
  • 野菜消費拡大に関する取組(取組実績は適宜こちらに掲載いたします。)

〇千葉県東葛地区(流山市・松戸市・柏市・我孫子市)で地産地消を盛り上げる「チョクバイ!BOX[外部リンク]」を運営。「チョクバイ!BOX」では、農家の方が丁寧に育てた旬の野菜を農家自身が朝イチでセレクトし、「採れたて新鮮野菜BOX」としてその日の午後に利用者へ運搬するサービスを提供。採れたての野菜をリーズナブルに、農家のこだわりと共に新鮮な野菜を食卓へ届ける仕組み作りを行っている。

1 2 3


〇また、生産者と消費者のつながりをサポートする農園ツアーの企画を行っている。

農園ツアー

お問合せ先

農産局園芸作物課

担当者:野島、髙畑、廣瀬
代表:03-3502-8111(内線4791)
ダイヤルイン:03-3502-5958