このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

日常に、もっと日本茶を!~毎日お茶のある暮らしキャンペーン~

農林水産省は、今年の新茶シーズンの本格化にあわせて、今の時代に合ったお茶の楽しみ方や飲食料品を提案している事業者の方々と連携して、「毎日お茶のある暮らしキャンペーン」を始めます。多くの人にお茶に興味を持ってもらい、毎日の生活の中でお茶を楽しむ時間を増やしてもらうため、日本茶の楽しみ方に関する情報を発信します。

秋の応援メッセージ   1  2  3  4

NEWアイコン 日本茶と秋の味覚の楽しみ方(秋のキャンペーン)

秋の深まりに合わせて、日本茶と秋の味覚の楽しみ方について、事業者の皆様(生産者、茶専門店、飲食店等)から情報をいただきました。
随時更新します。応募お待ちしております。応募方法はこちら(PDF : 576KB)

有限会社深緑茶房(三重県松阪市)

ロゴ  写真

  • お茶が美味しく感じる季節の到来です
    秋の味覚とご一緒にぷくぷくいっぷく
    夏の疲れをお茶とお菓子で癒しましょう~
  • 公式サイト(外部リンク)

「そのぎ抹茶フェス(長崎県東彼杵町)」(長崎県立大学)

ロゴ   写真チラシ(142KB)

  • 日本一のお茶のまち、東彼杵町で抹茶を生産している「株式会社FORTHEES(フォーティーズ)」。「そのぎ抹茶」を使用したスイーツを手掛ける県内各地の飲食店やカフェが会場に集まり、自慢の商品を販売します。長崎県立大学の学生が企画する初めての“抹茶イベント”をお楽しみください!
  • 長崎県立大学HP「東彼杵(ひがしそのぎ)ワーケーション動画」(外部リンク)

龍騎士団茶舗(京都府舞鶴市)

  • 龍騎士団茶舗では、日本茶が擬人化された異世界から茶葉を輸入し、販売しています。
    ……と、いう世界観の下、日本茶の魅力を『新たに再構成』してお伝え・販売しています!
    秋になると、5月頃に摘み取られた茶葉も半年を経て熟成し、旨味が増しています。もちろん、秋ならではの甘いスイーツたちに合わせて飲むだけでも十分美味しいのですが、飲み終わった茶葉を捨てることなく、少し醤油を垂らしてみると……それだけで「秋茶葉のお浸し」の出来上がりです!おやつや夜のおつまみにも適した味わいを、是非とも今年の秋は試してみてください。
  • 公式サイト(外部リンク)

日本茶専門WEBメディア OCHA TIMES(静岡県)

  • 日本茶が好きな人は世界中に居る。発信に力を入れるだけでまだまだ売れる可能性がある。
    もっと世界に日本茶の魅力を発信しよう。
  • OCHA TIMES 公式サイト(外部リンク)

1.「日常に、もっと日本茶を!」応援メッセージ

本キャンペーンにご賛同いただける事業者の皆様(茶専門店、食事処、レストラン、カフェ、ドリンクスタンド、お茶飲料関係事業者等)から、情報をいただきました。
随時更新します。応募お待ちしております。応募方法はこちら(PDF : 1,402KB)

 ▽埼玉県、▽千葉県、▽東京都、▽静岡県、▽愛知県、▽京都府、▽岡山県、▽山口県、▽福岡県、▽佐賀県、▽長崎県、▽鹿児島県

埼玉県

株式会社矢島園(埼玉県上尾市)

ロゴ

  • 矢島園は埼玉県を中心に数十店舗を構えるお茶の専門店です。九十数年、お茶の魅力を伝えるために様々な製法で、お茶やお茶関連の商品を開発し、皆様にお届けしています。身近な存在でありながら、豊かな奥深い世界が広がっているお茶を、いろいろな角度から研究開発し、世の中にお茶の魅力をお伝えしていきます。自社工場にて「味・品質・健康」にこだわります。
  • 公式サイト(外部リンク)

浅見園(埼玉県狭山市)

  

  • お茶文化の魅力を伝える!
    1930年創業。『代々伝えられたこだわりの狭山茶』を栽培、製造、販売の狭山茶専門店。
    3代4代と栄ある農林水産大臣賞を受賞しており、近年では、お茶摘み体験(茶摘み、工場見学、自園栽培された煎茶・抹茶を専門講師より淹れ方、点て方の手ほどきを野点にて受け、煎茶・抹茶の天ぷらを試食)を開催し、生産農家ならではのお茶文化を伝えております。
    ぜひ『こだわりの狭山茶』を味わってみては如何でしょうか。
  • 公式サイト(外部リンク)

千葉県

有限会社稲毛園(千葉県千葉市)

ロゴ 写真

  • 『もういちど、日本茶』
    少し前まで、ほっと一息つきたい時、皆が集まった時、日本茶が必ずそこにありました。急須で淹れた緑茶のほんとうの美味しさは「甘露」と呼ばれています。私たち日本人ならではの繊細な味覚を、もう一度呼び覚ましてみませんか。
  • 公式サイト(外部リンク)
  • 公式サイト(Instagram)(外部リンク)

県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズ
松籟亭(しょうらいてい)(千葉県千葉市)

     写真

  • 私たちは茶室での呈茶で京都産のお茶と千葉産の和菓子を提供しています。 創業四百余年のお茶のみを取り扱っている専門店のお茶でお茶本来の上品な甘みや香りを味わってもらいたいという想いで作られています。“茶にこだわる”“光にこだわる”“人にこだわる”そんな想いで作られているお茶をたくさんの方に味わっていただきたいです。
    また、普段は日本庭園を眺めながらの呈茶サービスを実施していますが、定期的に茶道教室を開催し、初めての方にも日本文化やおもてなしの心を学ぶ機会の提供を行っています。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社鈴鹿園(千葉県千葉市)

ロゴ 画像

  • いらっしゃいませ!ようこそ伊勢茶の鈴鹿園へ!
    鈴鹿園にはお茶の香りに加え、従業員が笑顔で毎日温かくお客様をお迎え致しております。ぜひ一度鈴鹿園のお店へ!どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。茶道教室、2歳から120歳まで参加OKのお茶を楽しむ講座も好評です。
  • 公式サイト(外部リンク)


東京都

さつき濃神谷園(東京都大田区)

ロゴ 画像

  • 昭和7年創業の老舗日本茶専門店です。木のぬくもりと和を感じる明るい店内で、老舗専門店の日本茶へのこだわりを活かした、オリジナルブレンド茶(静岡茶と鹿児島茶ブレンド)をはじめとする日本茶と和スイーツをご提供しています。体験型日本茶セットは、実際に急須でご自分でお茶を淹れて頂くメニューです。日本茶インストラクターが淹れ方のご説明をいたしますので、急須で淹れるお茶の美味しさを味わってみてください。
  • 公式サイト(外部リンク)

Satén japanese tea(東京都杉並区)

ロゴ 写真

  • 西荻窪にあります当店は、「Leaf to Relief - 茶葉から一服へ -」をコンセプトに2018年にオープンした日本茶スタンドです。当店では単一農家の合組やシングルオリジンの茶葉を、様々な茶器や抽出器具を使って淹れ手が一杯一杯丁寧にお淹れしています。日本茶を日常でも愉しんでいただけるよう、日本茶を使ったスイーツやトーストもご提供しています。
  • 公式サイト(外部リンク)

八屋(東京都渋谷区)

ロゴ   写真

  • 「八屋」は“日本文化を現代に再構築”をコンセプトとした日本茶カフェです。厳選した茶葉のみを使用し、本格的なラテやスムージーなどをご提供しています。ラテでは和三盆、スムージーでは白餡で甘さを出すなど、和の素材にこだわり、お茶本来の味や香りがしっかりと感じられるドリンクメニューや、日本茶との相性にこだわった、軽食・甘味をご用意しています。より多くの方に日本茶に親しみを持っていただけるよう、季節ごとに楽しめる様々な種類のお茶を仕入れています。この他にも、日本茶に直接炭酸ガスを注いだ“炭酸冷茶”など、これまでにない新しいお茶の楽しみ方をご提案しております。
  • 公式サイト(外部リンク)

寿月堂(東京都中央区)

ロゴ 写真

  • 1854年創業の丸山海苔店が日本茶の美しさを世界に伝えるために始めた寿月堂は、香り高いオリジナルブレンドのお茶を幅広く取り揃える日本茶専門店です。茶の湯と禅の本質は同一であるという「茶禅一味」をコンセプトに、築地本店・フランスパリ店・銀座 歌舞伎座店の3店舗を隈研吾氏に設計頂きました。禅の世界を体現した竹の空間で、ショッピング、喫茶、ワークショップをお楽しみいただけます。
  • 公式サイト(外部リンク)
  • 公式サイト(Instagram)(外部リンク)



青鶴茶舗 Thés-du-japon(東京都台東区)

ロゴ 写真

  • 日本茶には、今までほとんど紹介されてこなかった奥深さがあります。
    お茶の種類や産地だけではなく、栽培や製造方法、火入れ(焙煎)などの仕上げによる違い。それらと100種類以上存在する茶の木の品種の組み合わせが、無限に近い味わいや香りのバリエーションを生み出します。ひとたびブレンドなしの日本茶を味わってみると、ワインやコーヒーと並ぶ、実に面白い嗜好品だと気付かされることでしょう。
    フランス人初の日本茶インストラクターが全国各地から仕入れた、個性際立つシングルオリジンティーが並ぶ谷中の日本茶・急須専門店、青鶴茶舗です。
  • 公式サイト(外部リンク)

静岡県

焼津冷蔵株式会社(静岡県焼津市)

ロゴ 写真

  • 静岡県焼津市にある鯖・鰻・穴子の3魚種を加工する水産加工メーカーです。静岡県の特産品であるお茶を使った静岡茶しめさばは、牧之原産のサンルージュ茶を使っており、ポリフェノールのアントシアニンとカテキンの抗酸化作用と消臭効果で青魚が苦手な方や健康を気にする方にも召し上がっていただけます。カルパッチョなどにアレンジして召し上がるのもおススメです。
  • 公式サイト(外部リンク)

ふじのくに茶の都ミュージアム(静岡県島田市)

ロゴ 写真

  • おすすめの静岡茶のいれ方を実際に茶器を使って学ぶ「日本茶のいれ方体験」や、本格的な茶室でお点前を見ながら抹茶と季節の和菓子をいただく「茶道体験」など、お茶を楽しめる様々な体験を実施しています。ミュージアムショップでは、静岡県産のお茶や、抹茶を使ったジェラート(パフェ)・チョコレートを販売しています。お茶どころ静岡で、お茶の魅力をじっくりと味わってみませんか。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社銘茶問屋太田園(静岡県島田市)

ロゴ写真

  • 私たちは茶師として、契約農家さんのお茶にこだわり、お茶を自分の目で見て直接仕入れ、自分の手で煎茶に仕上げしています。こだわりを持ったお茶をお客様にお届けいたします。今年も、選び抜いた美味しいお茶を、皆様にお届けいたします。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社高柳製茶(静岡県牧之原市)

ロゴ画像

  • 静岡県の牧之原台地は、国内随一の茶葉生産量を誇る茶産地です。茶文化と茶産業を未来へつなぐべく、明治から職人のこだわりと技術の研鑽を積み重ね、緑茶本来の風味や旨味を、県内外へお伝えします。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社ユキトシ 木育広場「芋カフェ」(静岡県御前崎市)

写真

  • 「つゆひかり」は御前崎市が進めている、お茶の品種です。100%御前崎産のつゆひかりのリーフを使用してつゆひかりの特徴である鮮やかな緑色を残しつつ、さわやかな香り、温和な味が楽しめます。つゆひかりフロートは「つゆひかりパウダーティー」を使用しています。お茶の栄養分を丸ごと摂れるのが魅力。ゆっくりアイスクリームが溶けていくと甘みが増して、最後はラテのようなデザートドリンクになります。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社荒畑園(静岡県牧之原市)

ロゴ  写真

  • 静岡県牧之原市にて、自社生産→自社製造でつくったお茶を販売しています。生産では「お茶づくりは土づくりから」をモットーに、製造では肉厚な茶葉を活かすため深蒸し製法でお茶を仕上げています。きれいな深い緑色と、まろやかな甘みと深いコクが特徴です。こだわりのお茶を通して、皆様にやすらぎのひとときをお届けいたします。
  • 公式サイト(外部リンク)

有限会社掛川一風堂(静岡県掛川市)

ロゴ 写真

  • お茶の新しい楽しみ方として、珈琲のようなドリップスタイルはいかがでしょう。ドリップの技法をお茶に取り入れることで、香り高く、深い味わいの日本茶が淹れられます。老舗お茶屋・掛川一風堂が、静岡県産の茶葉を濾過することに最適化したドリップ専用茶葉を仕上げました。
  • 公式サイト(外部リンク)

製茶問屋直売大浜園(静岡県掛川市)

ロゴ ロゴ

  • 掛川深蒸し茶の専門店です。静岡県西部に位置し、茶葉の育成に適した温暖な気候と、豊かな土壌に恵まれた掛川市。そこで育つ掛川茶は濃厚且つ、渋味を抑えた、味わい深い逸品です。また、上級茶は昔ながらの伝統的な製法(手仕上げ、炭火による火入)で製茶をしております。是非、一度ご賞味ください。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社丸松製茶場、san grams(静岡県菊川市、御殿場市)

ロゴ1 ロゴ2 写真

  • 新しい時代の日本のお茶を「楽しむ」日常を広めるというビジョンをもち、サステイナブルな生産体制を目指します。直営のカフェでは菊川市の深蒸し茶を中心に全国各地の個性豊かなシングル茶や和紅茶など、一杯ずつ丁寧にお淹れします。御殿場市のティースタンドでは晴れた日には富士山が一望できます。
  • 公式サイト(株式会社丸松製茶場)(外部リンク)
  • 公式サイト(san grams)(外部リンク)

ヤマイシ石川製茶(静岡県袋井市)

ロゴ 写真

  • 緑茶をより身近なものに感じてもらおうと思い、定期的にお茶摘み体験や、おいしいお茶の淹れ方教室を行っています。時には著名人を招いたりしてメディアを通し日本茶の魅力を発信しています。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社 日本平清水屋(静岡県静岡市)

ロゴ写真

  • 日本平山頂のレストランです。静岡茶を使用した茶そばは、お茶のさわやかな香りが楽しめ、一番人気の商品です。静岡茶を生地に混ぜ込んだお茶たい焼きは、カリっとした皮の食感とあんこの甘さをお茶の香りが引き立てて、当店自慢の一品です。富士山を見ながらゆっくりとお召し上がりください。
  • 公式サイト(外部リンク)

お抹茶こんどうの食堂(静岡県静岡市)

ロゴ 写真

  • 静岡市にある創作和食の飲食店です。昼も夜も定食をお出しており、夜にはコースもございます。日本茶インストラクターの店主がお茶に力を入れており、お料理、お酒とともに、お茶を使用したオリジナルカクテルも多く楽しめ、県外からのお客様や、アルコールが苦手な方にも喜んでいただけます。
  • 公式サイト(外部リンク)

宇布乃園(うぶのえん)(静岡県浜松市)

  • いつも身近にあるお茶ですが、実は知らないこともたくさんあります。明治時代から続く日本茶専門店がその魅力をお伝えします。ぜひ ”日本茶の本当の味” を体感してください。
  • 公式サイト(外部リンク)

株式会社松田商店真茶園(静岡県藤枝市)

  • 真茶園では、季節に合わせ、その時に飲んで「美味しい!」と体が感じるお茶を展開しています。
    春は【新茶】。丁寧な製茶で、旨味を余すことなく引き出していくのが真茶園流。例年、多くのお客様よりご予約を頂いているお茶です。夏は、【水出し煎茶】。ポットに水とティーパックを入れるだけですぐに頂ける、手間要らずのお茶。それでいて香り高く、コク深い、こだわりのお茶です。秋は、【秋のお茶】を出しています。新茶期より熟成させ、満を持して秋に製茶。新茶の香りはそのままに、奥深さの感じられる美味しいお茶です。そして冬には、【冬の真茶】があります。濃厚なコクとキリッとした芳ばしさが、冷える体をほぐしてくれる味わい。
    忙しい時期に飲んで欲しいお茶です。どの季節にも、ぴったりと添うお茶をお届けできる、真茶園です。
  • 公式サイト(外部リンク)


愛知県

株式会社妙香園・MYOKOEN TEA STORE(愛知県名古屋市)

ロゴ   写真

  • 茶匠が全国の産地から吟味した茶の葉を秘伝のブレンド技術により商品にしてお届けしています。絶妙の火加減で焙じた「ほうじ茶」は香り・味・水色にこだわった当社の看板商品です。
    日本茶の文化を今らしく、日本茶の新しいカタチを目指したテイクアウト専門店「MYOKOEN TEA STORE」。妙香園の看板商品ほうじ茶を使用したほうじ茶ラテや抹茶ラテ、フルーツがたっぷり入ったフルーツティーなど手軽に本格的なお茶をお楽しみいただけます。
  • 公式サイト(外部リンク)

京都府

有限会社流芳園(京都府綴喜郡宇治田原町)

ロゴ写真

  • 京都・宇治田原にある日本茶専門店。『お茶の初心者でも簡単に楽しめるように』と、地元の大臣賞「茶農家」と「茶師」の緑茶ティーバックをつくらせていただき、取り扱っております。また、当園オリジナル茶葉の新茶ご予約や販売はウェブサイトで承っております、どうぞよろしくお願いします。
  • 公式サイト(外部リンク)

京都ぎょくろのごえん茶(京都府京都市)

ロゴ写真

  • 「お茶文化のアップデート」をミッションに掲げる京都にある小さなお茶屋です。
    京都宇治田原産の茶葉を使用し、あらゆる世代に手にとっていただけるようなパッケージで、人生の様々なシーンや心が動く瞬間にご一緒させていただけるお茶たちを生み出し続けています。店頭はもちろん、webサイトでも購入していただけます。オリジナルパッケージのお茶も小ロットから承っております。美味しい!かわいい!うれしい!そんな、心が幸せに動く瞬間にご一緒できるお茶屋をぜひ体感ください。
  • 公式サイト(外部リンク)

あかつき農園(京都府城陽市)

ロゴ写真

  • 私たちは新規でお茶作りを始め、放棄茶園からお茶作りをしたりしながら美味しいお茶を作るのはもちろん、体験教室などを通してお茶の飲み方や日本茶の入り口になれるよう目指して活動をしています。お茶は飲むだけではない楽しさも多くあると思い、農家目線でお茶を学べるカードゲームや、おちゃはかせというキャラクターでイベントなどを行っています。
  • 公式サイト(外部リンク)

龍騎士団茶舗(京都府舞鶴市)

ロゴ写真

  • 龍騎士団茶舗では、日本茶が擬人化された異世界から茶葉を輸入し、販売しています。……と、いう世界観の下、日本茶の魅力を『新たに再構成』してお伝え・販売しています!日本茶は古来より、何かと融合した時にその魅力を伸ばします。禅+お茶、武士道+お茶、スイーツ+お茶……という具合にです。私たちはそれを現代のクールジャパン文化の一つ、アニメに代表される『サブカルチャー+お茶』という形で実現し、まだ見ぬ日本茶の魅力を拡大したいと思っています。少しでも興味を持たれましたら下↓の公式サイトへ“迷い込んで”いただけましたら幸いです!
  • 公式サイト(外部リンク)

共栄製茶株式会社(京都府宇治市)

 

  • 天保7年(1836年)創業。社名よりもブランド名「森半」でご存じの方が多いかもしれません。宇治茶をはじめ、お茶を使ったお菓子やドリンク原料の開発・発売、京町家を活かした「蔵カフェ」の運営など、様々な活動を行っています。
    最近の取組みでは、お茶の魅力を若い世代の皆さんに知って頂くため、「CHASTA(チャスタ)」という新素材・新感覚の透明急須を開発しました。また、お子様から大人まで楽しんで読んで頂ける書籍「森のくま半と行く!お茶・コーヒー探検」も発刊しています。
    ぜひ、CHASTAでいれた美味しいお茶を飲みながら、この本を片手に、楽しくも奥深いお茶の世界を味わってください。
  • 公式サイト(外部リンク)
  • 急須動画サイト(外部リンク)

宇治茶道場「匠の館」(京都府宇治市)

ロゴ 写真

  • ・「夏限定メニューとして熱湯氷出し煎茶を提供しています。この夏、ひとときの涼味はいかがでしょうか。」
    「夏限定メニューとして熱湯氷出し煎茶を提供しています。最高級の宇治煎茶をすぐに簡単に美味しく召し上がっていただけます。」
    「夏限定メニューとして熱湯氷出し煎茶を提供しています。最高級の宇治煎茶の旨みに加えて、宝瓶急須を持つ両手のひらからヒンヤリ、たっぷりの氷の音色で心地よい涼味をお楽しみください。」
  • 公式サイト(外部リンク)


岡山県

岡山県漁業協同組合連合会(岡山県岡山市)

  • 私どもは岡山県漁業協同組合連合会(JF岡山漁連)海苔課です。JF岡山漁連とは、岡山県内の漁業協同組合(漁協)を会員とする協同組合組織です。海苔課の販売事業ネット販売部門で岡山県美作市海田のお茶を販売しています。一般的に販売されている煎茶はブレンドされたものが大半ですが、単一の品種だけで仕上げた”single origin”や、美作産茶葉を使用した”和紅茶”など種類豊富に販売をさせて頂ています。なお、海苔をはじめお茶に合う岡山県産のおかき あられも併せて販売させて頂いています。
  • 公式サイト(外部リンク)

山口県

chasitsu(山口県宇部市)

ロゴ写真

  • お茶の美味しさは心地よい時間をより気持ちの良い時間にしてくれ、落ち着かない時にも気持ちがホッとして嫌な事や焦る気持ちを忘れさせてくれます。それだけでなく、表情が硬い人が自然と優しい顔になったり、普段喋らない人が「美味しいね」と喋るようになったりと、その人の意外な一面が知れたり、心根を知ることができたりします。お茶はたんなる嗜好品ではなく、「自らを計り、人を知る」事ができる素晴らしい飲み物だという事だと思っています。1杯のお茶は思ったよりも人生を豊かなものにしてくれますよ。
    そして毎年、天候や害虫、病気と向き合って一生懸命お茶作りをして届けて頂いている生産者さんに心より感謝を申し上げたいと思います。
  • 公式サイト(外部リンク)

日本茶専門店八十八(山口県山口市)

  • 山口県山口市の日本茶専門店八十八では、八女市星野村の日本茶を中心に和紅茶、国産烏龍茶、国産ハーブを取り扱っております。また、より気軽に、皆様の日常にお茶のある暮らしを取り入れいただけるように、日本茶×国産ハーブ、和紅茶×国産ハーブなど、様々なオリジナルブレンド茶を作成、販売させていただいております。
  • 公式サイト(外部リンク)

福岡県

お茶の石松園、TEA STAND 1402(福岡県久留米市)

写真

  • 福岡・八女茶を中心に九州各地の茶処より、茶審査技術八段の技術で厳選してお届けしています。ほっと一息、一杯のお茶のその先に思いを馳せています。美味しいお茶でリラックスタイムを、気分転換を、ぜひお楽しみください。
    お茶の石松園店舗併設のTEA STAND 1402では、抹茶や緑茶を使ったドリンクや抹茶アイスなどをご提供しています。日本茶の魅力をもっと手軽に、若い世代の方々にも楽しんでいただきたいという思いで営業しています。
  • 公式サイト(外部リンク)

堀江銘茶園(福岡県うきは市)

ロゴ 写真

  • 明治40年創業の100年以上続く当園のお茶は、福岡県うきは市耳納連山の麓から合瀬耳納高原と自然に囲まれた豊かな環境で栽培しております。特におすすめしているお茶は、単一品種茶7種類(さえみどり、つゆひかり、やぶきた、おくゆたか、かなやみどり、おくみどり、べにふうき)です。水出し茶をすることで渋味が出にくく旨味や甘味、コクや香りのある各個性豊かなお茶となりました。今年の夏も冷茶でお楽しみください。
  • 公式サイト(外部リンク)
佐賀県

みどりや茶舗(佐賀県佐賀市)

  • 「『美味い!』の笑顔と健康を」佐賀市にて昭和30年に創業し60有余年、地域に根ざし、皆様に親しまれる店づくりをしてきました。みどりや茶舗では九州のお茶である「嬉野茶」と「八女茶」の2種類を取り扱っております。さらには、その2種を独自にブレンドしたみどりや茶舗ならではの味「佐賀ふるさと茶」がございます。また、茶葉の販売だけでなく、九州ではなかなか手に入りにくいお手頃価格のお茶菓子も販売しています。店内飲食も可能で、夏は、抹茶味のかき氷やフラッペ、冬は、ぜんざい等が楽しめます。
  • 公式サイト(外部リンク)

    長崎県

    ちわたや(長崎県東彼杵町)

    ロゴ 写真

    • 長崎・東彼杵町のそのぎ茶を使ってパン屋ならではの加工品を作っています。毎日のホッとする時間に欠かせないお茶。今年も美味しいお茶が出来上がるのを楽しみにしています。
    • 公式サイト(外部リンク)

    鹿児島県

    株式会社堀口園、さんちカフェ茶のん(鹿児島県志布志市)

    ロゴ   写真

    • 私たちは、鹿児島県志布志市にある産地茶問屋です。鹿児島のお茶はとにかく旨みがたっぷりです。癒し効果抜群のテアニンを豊富に含んだかごしま新茶を飲んでみてください。暑い日には水出し冷茶もおすすめです!鹿児島は静岡に次ぐ茶の一大産地です。温暖な気候と平坦な土地を利用した大規模経営で年々生産数量を伸ばしています。高級煎茶からドリンク用原料まで幅広い製品で皆様のお茶ライフを彩っています。近年は抹茶の生産量も増えておりお菓子やアイス、健康食品など幅広く使用されています。
    • 公式サイト(株式会社堀口園)(外部リンク)
    • 公式サイト(さんちカフェ茶のん)(外部リンク)

    貴茶(鹿児島県鹿児島市)

    ロゴ   写真

    • 『日本茶をデザインする』
      これまでの歴史と伝統を礎に、現在に満足することなく、変化を恐れず、さらなる進化を追求し、“カルチャー”“ライフスタイル”“スタイリッシュ”の中にまだ見ぬ日本茶の新たな可能性を紡ぐ。過去・現在・未来を繋ぎ、日本茶を通して繋がる縁を、  をちこち に重ねて。一杯のお茶が、いっぱいの笑顔を運ぶ。「お茶って、いいなぁ。」そんなふうに思っていただければ幸いです。
      をちこち(彼方此方)は「遠い近い、あちらこちら、未来と現在、昔と今」といった意味の古語。
    • 公式サイト(外部リンク)

    JA鹿児島県経済連 茶事業部(鹿児島県鹿児島市)


    • いつもの茶葉をお水でいれる(動画)(1,784KB)
    • 私たちは、鹿児島県産のみの茶の販売業務を行っております。鹿児島茶は鮮やかな緑 、まろやかな香り 、旨味の詰まった味が特徴です。鹿児島県の茶農家が丹精込めて作った美味しいお茶を冷茶でご賞味ください。
      また、「冷茶は、専用のお茶でないと、抽出できない」と思われている消費者の方が多いようです。通常のお茶で、大変おいしくいただけます。この動画を参考にぜひお試しください。

    2.SNS発信

    お茶担当職員がCOOLな話題をお届けします!

    • ~お茶だより その17~「この夏の「推し茶」ゲット!」(9月5日)FacebookTwitter
    • ~お茶だより その16~「【自由研究】1日でお茶博士、先生にも教えよう!」♢Twitter
    • 省公式YouTubeチャンネル BUZZ MAFF「【自由研究】1日でお茶博士、先生にも教えよう!」♢YouTube
    • ~お茶だより その15~「Japan Matcha Latte Art Competition 学生大会」(8月5日)♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その14~「ボトルティーがあれば、特別な一日に。」(7月30日)♢Twitter
    • 省公式YouTubeチャンネル BUZZ MAFF「ボトルティーがあれば、特別な一日に。」♢YouTube
    • ~お茶だより その13~「簡単!冷抹茶」(7月7日) ♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その12~「暑い季節には、ひんやり冷たい日本茶を!」(6月30日)Twitter
    • 省公式YouTubeチャンネル BUZZ MAFF「暑い季節には、ひんやり冷たい日本茶を!」(6月30日)YouTube
    • ~お茶だより その11~「GO TO 茶専門店」(6月21日) ♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その10~「沖縄のお茶うけ」(6月10日) ♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その9~「お茶担当、茶畑に行ってきます!」(5月31日)Twitter
    • 省公式YouTubeチャンネル BUZZ MAFF「お茶担当、茶畑に行ってきます!」(5月31日)YouTube
    • ~お茶だより その8~「ビーミング流お茶のススメ」(5月27日)FacebookTwitter
    • ~お茶だより その7~「お茶のお供と言えば和菓子」(5月20日)♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その6~「宇治新茶 茶摘みの集い」(5月17日)♢Facebook ♢Twitter
    • ~お茶だより その5~「5月21日は国際お茶の日」(5月16日) ♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その4~「新茶前線北上中」(5月11日)♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その3~「『毎日お茶のある暮らしキャンペーン』特設サイトのオープン」(5月2日)♢FacebookTwitter
    • 省公式YouTubeチャンネル BUZZ MAFF「毎日お茶飲も!」(5月2日) ♢YouTube
    • ~お茶だより その2~「5月2日は八十八夜です」(4月28日) ♢FacebookTwitter
    • ~お茶だより その1~「ロフコト雑貨店」(4月18日)  ♢Facebook ♢Twitter

    3.お茶マップ

    (1)お茶体験!マップ
          緑茶でホッとひと息つけるお茶屋の多言語マップができました。
          マップを持ってお茶体験に出かけましょう!

    (2)宇治茶カフェガイドブック
          「宇治茶の郷づくり協議会」が認定した宇治茶カフェのガイドブックです。

    4.茶産地イベント等の情報収集・発信

    • 「世界お茶まつり」秋の祭典(10月20日~10月23日@静岡県)
    • 詳細、過去のイベントはこちら(PDF : 521KB)

    お問合せ先

    農産局果樹・茶グループ

    担当者:皿谷、末口、吉野
    代表:03-3502-8111(内線4794)
    ダイヤルイン:03-6744-2117

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader