このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

お茶のページ

農林水産省と関連団体が発信するお茶に関する情報をまとめて紹介します。
新茶シーズンの本格化を控えた令和3年3月30日より「日本茶と暮らそうプロジェクト」を始めます。
ロゴ
また、日本茶の素晴らしさを再認識いただく運動として、茶業団体が「Japan Tea Action(外部リンク)」や「日本茶ドア(Japan Tea Door)(外部リンク)」など、お茶に関する様々な情報発信を行っています。農林水産省も連携してこの取組を進めています。


日本茶を世界へ」(日本茶輸出促進ポータルサイトにリンクしています)

トピックス

お茶について学べる動画

  • 日本茶チャンネル(外部リンク)農林水産省職員自らが、省公式YouTubeチャンネルでYouTuberとなる企画「BUZZ MAFF」で、日本茶大好き「御茶村」が様々な場所でお茶会を開くなど、お茶について勉強しながら日本茶や茶道の魅力を発信しています。ここでいくつか紹介します。

農水省でお茶会です。

お茶知識の紹介です。

 

  • Taste of Japanは、農林水産省のオフィシャルサイトです。日本料理に関する情報や各地の日本食レストラン・日本産食材を扱う小売店を「日本産食材サポーター店」から検索できます。当ウェブサイトで近くにある美味しい日本の味をお探しください。 

日本産食材(Japanese Green Tea)

ドキュメンタリー(EVERY LAST BITE)

 

お茶の基本情報

お茶に関するパンフレット等

NEWアイコン 茶の機能性について

  • 「お茶で健康」ウェブセミナー(令和21211日開催)の動画配信(外部リンク)
    消費者の皆様を対象に、お茶の健康機能性について、2名の専門家から最新の研究成果を踏まえた情報を提供しました。
  • 茶の健康効果20選(外部リンク)
    日本茶に含まれるカテキンやテアニン等の様々な成分が有する健康機能性について、最新の知見をもとに研究者が整理し、わかりやすく取りまとめた小冊子です。
  • 緑茶で健康!ミニガイドブック
    緑茶を淹れるお湯の温度によって、同じ茶葉でも抽出される健康機能性成分が大きく変わることを紹介したリーフレットです。
  • なるほど・ザ・水出し緑茶!(外部リンク)
    「冷茶」と「水出し緑茶」の違いや、淹れ方で異なる生理機能などを詳しく解説しています。
  • おいしい水出し緑茶で健康に!(外部リンク)が公開されています
    誰でも簡単に美味しく作れる水出し緑茶の淹れ方や水出し緑茶の健康成分について動画で紹介しています。
  • 「健康食品」の安全性・有効性情報 素材情報データベース(チャ(茶)カテキン)(外部リンク)
    国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が、現時点(最終更新日時)で調査できた素材(原材料)に関する科学論文情報を紹介しています。(市販の個別商品の安全性・有効性の情報ではありません。)
  • お茶による新型コロナウイルスの不活化効果について(外部リンク)
    奈良県立医科大学(微生物感染症学講座 矢野寿一教授)が、お茶による新型コロナウイルスの不活化を確認し、お茶の種類や製品により不活化能が異なることを試験管レベルの研究で明らかにしました。なお、今回の研究では、お茶を飲むことによっての感染予防効果の検証は行われていません。

    ※個別製品への顧客誘引手段として、消費者に対して、感染症予防等の医薬品的効能効果が得られるかのような印象を与える内容を容器包装、冊子、ポスター、インターネット等で表示して情報発信することは、医薬品医療機器等法、食品表示法、景品表示法及び健康増進法の規制に抵触するおそれがあります。

関係団体等へのリンク

各府県及び各団体等における茶の需要拡大への取組

茶に関する予算等

令和3年度予算概算決定 茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進(茶支援関連)(PR版(PDF : 484KB)

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策(野菜・花き・果樹・茶生産者(PDF : 415KB)

茶に関する調査

令和2年度 食料・農林水作業・農山漁村に関する意識・意向調査(緑茶の飲用に関する意識・意向調査結果
平成28年度茶需給・流通状況調査委託事業(PDF : 1,249KB)
平成30年度茶の流通合理化に関する調査委託事業(PDF : 1,143KB)

お問合せ先

生産局地域対策官

担当者:茶業復興推進班
代表:03-3502-8111(内線4845)
ダイヤルイン:03-6744-2117
FAX:03-3502-4133

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader