このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者と産地をつなぐ消費者データ活用

価値を創造・提供する農業への変革を図るためには消費者ニーズの把握が必要です。また、農林水産省では農産物の需要促進や6次産業化をはじめとした地域資源を活用した地域振興等の施策を展開していますが、消費者行動の変容や多様化する消費者ニーズに対応するため、マーケットインの発想がより求められています。一方で、民間には購買やインターネット等の消費者ビッグデータが存在、それらを有効に活用して成功している企業もあります。こうした状況を受け、農産物の新たな価値・産地の創造、需要の拡大等につなげることを目指し、消費者のビッグデータをいかに活用できるかについて試行しています。

令和3年度データを活用した産地と消費者をつなぐ実証プロジェクト

民間での取組事例を参考に消費者のビッグデータを分析・活用して消費者のニーズを把握し、新しい価値を創出できないかを検証するため、令和3年度においては、「Local Food Project(LFP)における新たな価値・商品」「日本茶における国内・海外の需要拡大」をテーマにデータ活用の有用性を実証しました。

本ページでは、取組の報告書とヒントとなる手引きを御紹介します。


データを活用した産地と消費者をつなぐ実証プロジェクト(国内)

データを活用した産地と消費者をつなぐ実証プロジェクト(海外)


お問合せ先

大臣官房デジタル戦略グループデジタル政策推進チーム

代表:03-3502-8111(内線3067)
ダイヤルイン:03-6744-0214

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader