このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第4次食育推進基本計画食育の環と3つの重点事項

第4次食育推進基本計画では、3つの重点事項を柱に、SDGsの考え方を踏まえ、食育を総合的かつ計画的に推進していきます。
「食育の環」の図は、生涯にわたって大切にしていきたい食育の全体像を現したものです。

食育の環の図。
私たちが育む食と未来
自然・文化・社会経済と地域とのつながりの中で、生涯にわたる食の営みや食べ物の循環などの食育を通して健全な食生活をし、豊かな人間性を育む
ことを表している。
ー食育の推進体制ー
第4次食育推進基本計画では、行政、教育関係者、食品関連事業者、ボランティア等関係する
団体が相互の理解を深め、連携・協働し、国民運動として食育を推進していきます。
重点事項1 生涯を通じた心身の健康を支える食育の推進

国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むためには、妊産婦や、乳幼児から高齢者に至るまで、多様な暮らしに対応し、家庭、学校・保育所等、地域の各段階において、切れ目なく、生涯を通じた心身の健康を支える食育を推進します。

重点事項2 持続可能な食を支える食育の推進

健全な食生活の基盤として持続可能な環境が不可欠であり、食育においても食を支える環境の持続に資する取組を推進することが重要です。
そのため、「食と環境との調和」「農林水産業や農山漁村を支える多様な主体とのつながりの深化」「和食文化の保護・継承」を通じて、持続可能な食を支える食育を推進します。

重点事項3 「新たな日常」やデジタル化に対応した食育の推進

「新たな日常」においても食育を着実に実施するとともに、より多くの国民が主体的、効果的に食育を実践できるよう、ICT等のデジタル技術を有効活用する等により、食育を推進します。


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974