このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第4次食育推進基本計画の基本的な方針

食育推進基本計画は、食育基本法に基づき、食育の推進に関する基本的な方針や目標について定めています。第4次食育推進基本計画では、これまでの5年間の取組による成果と、SDGsの考え方を踏まえ、多様な主体と連携・協働し、今後5年間、3つの重点事項を柱に取組と施策を推進していきます。
食育により、社会全体で連携・協働して持続可能な食料システム(フードシステム)を構築することが期待されています。

3つの重点事項

本計画では、日本人の健康や食を取り巻く環境の変化、社会のデジタル化など、食育をめぐる状況を踏まえ(1)生涯を通じた心身の健康を支える食育の推進(2)持続可能な食を支える食育の推進(3)「新たな日常」やデジタル化に対応した食育の推進 に重点をおいた取組が求められます。

3つの重点事項の相関図。
重点事項(1) 生涯を通じた心身の健康を支える食育の推進(国民の健康の視点) 重点事項(2) 持続可能な食を支える食育の推進(社会・環境・文化の視点) 重点事項(3)「新たな日常」やデジタル化に対応した食育の推進(横断的な視点)
重点事項(1)、重点事項(2)、重点事項(3)が<SDGsの観点から相互に連携して総合的に推進>

食育とSDGsの関係性

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、17の目標と169のターゲットから成る「SDGs(持続可能な開発目標)」を掲げ、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指しています。
SDGsの目標には、「目標2.飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」、「目標4.すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」、「目標12.持続可能な生産消費形態を確保する」などの食育と関係が深い目標があります。

SDGsのロゴと17の目標のピクトグラム。

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974