このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の方へ

更新日:令和2年1月6日
担当:消費・安全局動物衛生課

CSFは人に感染しません。

  • CSFは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。
  • 豚肉の摂取により、CSFが人に感染することは世界的に報告されていません。
  • 食品安全委員会の見解についてはこちら
    〔外部リンク〕(食品安全委員会事務局)
  • CSFにかかった豚の肉が市場に出回ることはありません。
    このため、「当店ではCSFが発生している府県の豚肉は扱っていません」といった表示は不適切です。
    農林水産省では、こういった表示について調査を実施しており、不適切な表示が見られた場合には、表示の自粛や改善を求めることとしています。
CSFポスター(公益財団法人 日本食肉消費総合センター)

CSFポスター(公益財団法人 日本食肉消費総合センター)

印刷用(PDF : 626KB)

CSFに関するQ&A

QCSFとは、どんな病気ですか?
ACSFは、CSFウイルスが豚やイノシシに感染することで起こる病気です。
伝染力が強く、家畜伝染病に指定されています。
CSFに感染した豚が発生した農場では、飼養されている豚等を対象に防疫措置を行います。
QCSFにかかった豚の肉は、市場に流通しますか?
A法律に基づき、豚肉は全て検査に合格したものだけが流通することになっています。
検査でCSFであると確認された肉や内臓などについては、市場に流通することはありません。
Q今回使用するCSFワクチンを接種した豚の肉を食べた場合、人の健康に影響はありますか?
ACSFワクチンを接種した豚の肉を食べても、人の健康に影響はありません。

CSFに関する詳しいQ&Aはこちら

PDF版でもダウンロード可能です(PDF : 142KB)

 

動画コーナー

豚肉が食卓に届くまで NEWアイコン

 

参考

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:総務班
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX番号:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader