このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

水田活用の直接支払交付金

1.趣旨

国土が狭く、農地面積も限られている我が国において、国民の主食である米の安定供給のほか、
食料自給率・自給力の向上、多面的機能の維持強化等を図るためには、持続性に優れた生産装置である
水田を最大限に有効活用することが重要です。
このため、飼料用米、麦、大豆など、戦略作物の本作化を進めるとともに、地域で作成する
水田収益力強化ビジョンに基づく、地域の特色ある魅力的な産品の産地づくりに向けた取組への支援を行います。

令和4年度水田活用の直接支払交付金(当初予算額)(PDF : 611KB)
経営所得安定対策等実施要綱(令和4年4月1日施行)(PDF : 2,821KB)
分割版[1](PDF : 1,526KB)[2](PDF : 1,166KB)[3](PDF : 987KB)

2.水田収益力強化ビジョン

水田収益力強化ビジョンは、地域の特色のある魅力的な産品の産地を創造するための地域の作物生産の設計図となるものです。
全国の需給見通しや自らの産地の販売戦略等を踏まえた地域の水田における作物ごとの取組方針・作付予定面積、高収益
作物の導入等による収益力強化に向けた取組方針、産地交付金の活用方法等を明らかにし、地域で共有することで、各農
業者が主体的に自らの作付計画を判断し、需要に応じた生産を進め、地域の特色ある産地づくりに向けた取組を更に推進
することを目的としています。水田収益力強化ビジョンの作成が産地交付金による支援の要件となります。

各都道府県並びに地域農業再生協議会別の水田収益力ビジョンの詳細については、以下をご覧ください。
ア.北海道
イ.東北ブロック
(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)
ウ.関東ブロック
(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・静岡県)
エ.北陸ブロック
(新潟県・富山県・石川県・福井県)
オ.東海ブロック
(岐阜県・愛知県・三重県)
カ.近畿ブロック
(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)
キ.中国四国ブロック
(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県)
ク.九州ブロック
(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)
ケ.沖縄県(外部リンク)

3.各種申請様式

 水田活用の直接支払交付金の申請に係る様式は以下からご確認ください。
 申請様式

4.支払実績等

水田活用の直接支払交付金の支払実績等については以下からご確認ください。
経営所得安定対策

支払実績については♦支払実績
加入申請状況については♦加入申請状況をご確認ください。

お問合せ先

農産局企画課水田農業対策室

担当者:土地利用型農業推進班
代表:03-3502-8111(内線4792)
ダイヤルイン:03-3597-0191