このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ゲノム編集技術を用いた農林水産物を考えるシンポジウム(Web会議)

農林水産省は、消費者庁、厚生労働省と共同で、令和2年12月25日(金曜日)に、「ゲノム編集技術を用いた農林水産物を考えるシンポジウム~農林水産分野におけるゲノム編集技術の新たな可能性~」を開催しました。なお、本シンポジウムは新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を考慮して、オンラインで開催しました。

1.概要

2020年のノーベル化学賞を受賞した「ゲノム編集技術※」は、従来の育種技術でも起こり得る変化を意図的に行うことで品種改良を効率化する技術であり、今後の育種に必要な技術です。
一方、新規技術であるゲノム編集技術に対しては、安全性や生物多様性への影響を心配する声もあることから、消費者の方々を始めとした国民の皆様の理解を得ながら活用を進めていく必要があります。
このシンポジウムでは、消費者等の方々にゲノム編集技術を知っていただくことと、開発者の方々にゲノム編集技術を用いた農林水産物の利用に関する手続等を知っていただくことを目的に、専門家等による講演や行政からの情報提供を行いました。また、シンポジウムの最後に、参加者から事前にいただいた質問にお答えしました。なお、全ての質問にお答えすることができなかったことから、回答できなかった質問も含めて、いただいた質問をベースに本ページ上にQ&A形式で掲載しています。

 ※ゲノム編集技術とは、一般に、DNAを切断する酵素を用いて、外部からの遺伝子の挿入だけでなく、既存の遺伝子の欠失や塩基配列の置換など、ゲノムの特定の部位を意図的に改変することが可能な技術。

2.開催日時

令和2年12月25日(金曜日)13時00分~16時00分

3.内容

(1) 冒頭講演:ゲノム編集技術の社会実装と農林水産業の未来像(農林水産省農林水産技術会議事務局長 菱沼 義久)
(2) 植物育種の歴史とゲノム編集技術への期待(一般社団法人日本育種学会 会長 大澤 良氏)
(3) ゲノム編集技術を活用した農林水産物の利用に係る手続等(農林水産省、厚生労働省、消費者庁)
(4) GABA高蓄積トマトの開発と今後の展望(サナテックシード株式会社 取締役最高技術責任者 江面 浩氏)
(5) ゲノム編集技術を用いた農林水産物への期待とコミュニケーションの課題 (科学ジャーナリスト 松永 和紀氏)
(6) あらかじめいただいた質問への回答

4.説明資料等

資料1 開催次第(PDF : 122KB)
資料2 ゲノム編集技術の社会実装と農林水産業の未来像(PDF : 2,234KB)
            分割ページ前半(PDF : 1,898KB)
            分割ページ後半(PDF : 674KB)
   参考資料1 ゲノム編集~新しい育種技術~(PDF : 1,544KB)
   参考資料2 ゲノム編集技術の解説記事について(PDF : 179KB)
資料3 植物育種の歴史とゲノム編集技術への期待(PDF : 2,292KB)
            分割ページ前半(PDF : 1,881KB)
            分割ページ後半(PDF : 1,598KB)
資料4 生物多様性への影響の観点からの手続について(PDF : 1,296KB)
資料5 飼料安全の観点からの手続について(PDF : 796KB)
資料6 ゲノム編集技術を利用して得られた食品等の食品衛生上の取扱いについて(PDF : 677KB)
資料7 ゲノム編集技術応用食品の表示の考え方について(PDF : 311KB)
資料8 GABA高蓄積トマトの開発と今後の展望(PDF : 1,947KB)
資料9 ゲノム編集技術を用いた農林水産物への期待とコミュニケーションの課題(PDF : 1,183KB)

5.ゲノム編集技術を用いた農林水産物に関するQ&A

ゲノム編集技術を用いた農林水産物に関するQ&A(PDF : 437KB)

6.開催方法

本シンポジウムはYouTubeによるライブ配信で実施しました。
なお、シンポジウムの動画については、下記のURLからご覧いただけます。

【視聴用URL】
https://youtu.be/C-gqgkiK15s(外部リンク)

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課

担当者:組換え体企画班
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX番号:03-3580-8592

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader