このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

秋の味覚にご注意を!キノコを安全に美味しく食べるために

キノコを安全に美味しく食べるために

本格的な秋を迎え、キノコの美味しい季節となりました。
でも、キノコを食べる際には、ご注意!キノコによる食中毒が、毎年発生しています。
ここでは、 野生のキノコの採取や、家庭で食べる際に気を付けておきたいポイントをご紹介します。
これらに注意しつつ、秋の味覚を楽しんでください。PDF版はこちら(PDF : 335KB)をご覧ください。

毒キノコ
  1. 家庭の食事で、食用キノコと外見が似ている野生の毒キノコを、間違って食べてしまうケースが多くみられます。
  2. 毒キノコと食用キノコの見分け方は容易ではありません。
    毒キノコの見分け方や、調理法によって食べられるといった、様々な言い伝えを信じてはいけません。
    (例、ナスと一緒に料理すると食べられる)
  3. 国や地元の自治体が出している情報を参考に、食べられるかどうか分からない野生キノコは、採らない、食べない、売らない、人にあげないようにしましょう。
  4. 万が一、野生のキノコを食べて体調に異常を感じたら、直ちに病院を受診してください。

毒キノコのほかにも、スイセン(春)やイヌサフラン(秋)等、季節によって食中毒の原因となる植物がありますので、ご注意ください。

・有毒植物に関する詳しい情報はこちら
・スイセンとイヌサフランの見分け方に関する情報はこちら(PDF : 939KB)
・グロリオサの見分け方に関する情報についてはこちら(PDF : 234KB)

外部リンク

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン:03-6744-2135
FAX番号:03-3597-0329

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader