このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

レギュラトリーサイエンスに属する研究

更新日:令和3年3月1日

更新情報

レギュラトリーサイエンスに属する研究の推進

レギュラトリーサイエンスは、科学的知見と、規制などの行政施策・措置との間を橋渡しする科学です。

食品安全、動物衛生及び植物防疫の分野の行政施策は、WTO/SPS協定において、科学的な原則に基づいて施策を行うことが求められています。これら分野の科学的な根拠となるレギュラトリーサイエンスに属する研究を充実・強化するため、関連する事業の実施、研究成果の公表、研究者の表彰等の取組みを行なっています。

レギュラトリーサイエンスとは
実施中の事業の仕組み・要綱要領
これまでの成果等
研究者の表彰

レギュラトリーサイエンスに属する研究を推進するため、農林水産省では「安全な農畜水産物安定供給のための包括的レギュラトリーサイエンス研究推進委託事業」(※)を実施しています。
(※)令和2年度より開始、レギュラトリーサイエンス新技術開発事業及び安全な農林水産物安定供給のためのレギュラトリーサイエンス研究委託事業の後継事業


新規課題の募集情報

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課食品安全科学室

代表:03-3502-8111(内線4451)
ダイヤルイン:03-3502-5722