このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第7回(平成28年度)ブロンズ賞受賞者

岩本 光治

虎屋 壷中案
徳島県 名東郡
日本料理

n07_iwamoto.png
  • 「都会は地方産食材が集まっているが、逆に食材のある地方に都会から人を集めたい」との思いから、地元、徳島県の田舎で開店。地の魚と野菜を使用し、その食材が持つ魅力の深さを気づかせる日本料理を提供。
  • JALの新JAPAN PROJECT徳島で国内線ファーストクラスの夕食を監修するなど、地域食材をPR。

北村 竜二

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
愛知県 名古屋市
フランス料理

n07_kitamura.png
  • ・フレンチ最高の三つ星レストランと言われたスイスの「ジラルデ」でスーシェフを務めるなど、13年間のヨーロッパの経験を活かし、三河湾・伊勢湾の魚介類、鈴鹿などの野菜、木曽川の鴨などのジビエ等、当日入荷した食材を見てメニューを決め、新鮮な地元の食材を使用し料理を提供。
  • 調理師学校の生徒達にレストランの日常を体験させるなど若手育成にも尽力。

髙橋 義弘

瓢亭
京都市 京都府
日本料理

n07_takahashi.png
  • 毎朝生産者を訪れて信頼関係を築き、通常のてんぷら料理店では使用されないような地場の魚や野菜を仕入れ、「揚げる」という調理法で素材本来の美味を引き出す。
  • 鮮魚店と料理人が食材や料理について協働するスタイルは、料理人の新しいスタイルを示す。鮮魚店の主人と一緒にイタリア・ミラノで静岡県産食材の魅力を伝えるイベントの開催や東京で日本料理人を加えて3人でのイベントを開催するなど、静岡の食材の魅力を国内外に発信。

髙村 宏樹

日本料理 たかむら
秋田県 秋田市
日本料理

n07_takamura.png
  • 独自のギフトブランドを立ち上げ、比内地鶏等の秋田食材を使用した商品を広く県外に発信。
  • 絶滅危惧種の琵琶湖原産のモロコの県内生産を支援し、県外での販路拡大に貢献。
  • 地元の旧家が所有する立派な陶器・漆器類のレンタルシステムを開発し、器とともに味わう日本料理を秋田という地域の特色を残しながら活かす仕組みを構築。

手島 純也

HOTEL DE YOSHINO
和歌山県 和歌山市
フランス料理

n07_teshima.png
  • 和歌山の食を代表する農水畜産物だけでなく、自然の野禽獣を用いて和歌山の風土そのものを体感できる様な料理を提供。
  • 獣害被害を起こしている獣をジビエ料理で提供することにより、一般消費者の理解を促し、和歌山のジビエの流通、ジビエ料理への理解増進、普及に貢献。
  • 料理人という職業を通して、子供達への食育活動、環境への配慮等、社会貢献にも携わる。

 

お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課外食産業室

代表:03-3502-8111(内線4352)
ダイヤルイン:03-6744-7177