このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

 

疏水百選・東西用水(高梁川・笠井堰掛)

タイトル

東西用水 水辺の散歩道

距離

2.2km

歩行時間

約40分

コースタイム

(ア)駐車場→-(10分)-(イ)北配水樋門→-(5分)-(ウ)取水樋門・管理棟・竣工記念碑→-(5分)-(エ)西岸・西部用水→-(5分)-(オ)酒津公園→-(5分)-(カ)南部・備前樋用水→-(10分)-(キ)南配水樋門・駐車場

交通

倉敷駅北口→バス(イオン倉敷下車)→徒歩10分

問い合わせ

高梁川東西用水組合(086-422-0219)

概要

江戸時代から明治時代の終わりまでの約300年間にわたる干拓で出来た、倉敷・船穂・玉島など1万数千haの土地を守るため、明治40年から高梁川改修工事が行われました。それに伴い、それまで11あった取水樋門を1つに統合する形で東西用水が造られました。石積みの取水・配水樋門や、洋風建築の管理棟、桜並木など、歴史的な土地改良施設や農業用水に触れることで、その役割や大切さを感じることでしょう。

コースガイド

(ア)駐車場を出発し、配水池遊歩道を北に10分程歩き

(イ)八ヶ郷用水を横断すると、北配水樋門が見えてくる。

(ウ)配水池遊歩道を南に5分程歩くと、取水樋門、松やケヤキの間から管理棟、竣工記念碑が次々に現れてくる(5分)。・・・

(エ)西岸・西部用水沿いを5分程歩き、酒津公園へ・・・

(オ)酒津公園内を5分程散策・・・

(カ)南部・備前樋用水沿いを10分程歩き・・・

(キ)南配水樋門を通り、駐車場にゴール

参考マップ

マップ (PDF:430KB)

 

お問合せ先

農村振興局整備部設計課
ダイヤルイン:03-3595-6338
FAX:03-5511-8251