このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和4年10月17日第1015号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 東日本大震災関連情報
  5. その他新着情報
  6. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇10月11日(火曜日)
全国旅行支援による飲食店への期待する効果、第12回全国和牛能力共進会、農業従事者の減少への対策等、総合経済対策について質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/221011.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/221011.html

◇10月14日(金曜日)
長崎県及び佐賀県への出張、令和4年産水稲の予想収穫量等、全国農業協同組合中央会の要請について質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/221014.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/221014.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇今週の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇10月19日公開!とれたての野菜やジビエ食を楽しむ農泊

農泊の大きな楽しみと言えば「食」は欠かせません。
今週公開のaffでは、創作精進料理を堪能できる宿、福井県小浜市の「松永六感藤屋」と、傾斜地でとれた作物にジビエ料理が楽しめる徳島県三好郡の「民宿うり坊」をご紹介します。
農山漁村だからこその豊かな味わいは、旅の貴重な思い出になることでしょう。
ぜひお楽しみに!

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

5.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京2022」を開催!

令和3年度から、食と農のつながりの深化に着目した国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を実施しています。
10月29日(土曜日)・30日(日曜日)の2日間、六本木ヒルズアリーナにおいて、農林漁業者・食品事業者及び消費者が、日本の食が抱える課題や目指す未来について、ともに考えるきっかけとするイベント「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東京2022」を開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/221014.html

◇「下水汚泥資源の肥料利用の拡大に向けた官民検討会」の開催について

農林水産省及び国土交通省は、下水汚泥資源の肥料利用の拡大に向けた推進策を関係機関と連携して検討するため、10月17日(月曜日)に「下水汚泥資源の肥料利用の拡大に向けた官民検討会」を開催しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bio_g/221014.html

◇令和4年度(第18回)「若手農林水産研究者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

令和4年度(第18回)「若手農林水産研究者表彰」について、農林水産技術会議会長賞の受賞者を決定しました。

⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/221014.html

◇令和4年度(第23回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

農林水産省及び公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会は、令和4年度(第23回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」について、農林水産大臣賞をはじめ各賞受賞者を決定しました。

⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/221014_11.html

◇令和4年産の水田における作付状況について

令和4年産の水田における作付状況(令和4年9月15日時点)を取りまとめました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/s_taisaku/221014.html

◇食料・農業・農村政策審議会基本法検証部会(第1回)の開催及び一般傍聴について

令和4年10月18日(火曜日)に「食料・農業・農村政策審議会基本法検証部会(第1回)」を開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/221013.html

◇「グリーンな栽培体系実践セミナー」の開催について

「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」の取組を学ぶ実践セミナーを11月22日(火曜日)に開催します。環境にやさしい栽培技術の講演とスマート農業技術の実演を行います。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/gizyutu/221013.html

◇「学研キッズフェス2022秋」、「Farm Love withファーマーズ&キッズフェスタ2022」に参加します

消費者庁、内閣府食品安全委員会及び厚生労働省と連携し、親子で一緒に楽しく学べる2つのイベントに出展します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/221013.html

◇2022年アルメーレ国際園芸博覧会閉幕

オランダ王国で開催された2022年アルメーレ国際園芸博覧会が10月9日(日曜日)に閉幕しました。
また、日本国政府(農林水産省、国土交通省)の出展は「国際園芸家協会賞」「金賞」を受賞しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kaki/221012.html

◇米に関するマンスリーレポート(令和4年10月号)の公表について

米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和4年10月号)」について取りまとめました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kikaku/221012.html

◇「令和4年度病害虫発生予報第8号」の発表について

「令和4年度病害虫発生予報第8号」を発表しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/221012.html

◇「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東北」を開催!

令和3年度から、食と農のつながりの深化に着目した国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を実施しています。
令和4年10月19日(水曜日)から11月18日(金曜日)までの間、東北6県の「道の駅」や地方新聞社と広域連携し、日本の「食」が抱える課題や目指す未来について、ともに考えるきっかけとする「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.東北」を展開します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/221012.html

◇第10回ロボット大賞が決定しました!

一般社団法人日本機械工業連合会、経済産業省その他関係省庁との共催により「ロボット大賞」を実施しています。この度、「第10回ロボット大賞」の受賞ロボットを決定し、AGRIST株式会社の「自動収穫ロボットを活用した再現可能な農業の実現」が農林水産大臣賞を受賞しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo03/221012.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇家畜伝染病予防法施行規則の一部を改正する省令案等についての意見・情報の募集について

◇樹木採取権登録令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◇平成十五年九月十二日農林水産省告示第千四百十九号及び平成十六年四月一日農林水産省告示第八百九十一号を改正する告示案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・作物統計調査令和4年産水稲の作付面積及び9月25日現在の予想収穫量(令和4年10月14日公表)(PDF:2,320KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-1.pdf

~週間公表予定表(令和4年10月17日~10月21日)~

(4)公式SNS

・農林水産省フェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

・農林水産省ツイッター
⇒ https://twitter.com/MAFF_JAPAN(外部リンク)

6.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

御来場の方は感染防止対策(人と人との間隔を空ける、マスクの着用、手指の消毒等々)を行っていただきますようお願いいたします。

◇「農業」と「福祉」がつながって日本を元気に!~みんなで耕そう!ノウフク・プロジェクト~
令和4年10月17日(月曜日)~10月21日(金曜日)

農業と福祉が手を取り、互いの課題を解決しながら取り組む「農福連携」。
全国的に様々な形で取組の輪が広がっていますが、より多くの方の農福連携の認知度向上を目指し、展示を行います。
具体的には、(ア)昨年実施した「ノウフク・アワード2021」の優秀賞受賞地域のパネル展示、(イ)全国の取組の紹介、(ウ)ノウフクJAS取得や農福連携の取組によって生産された商品の展示、(エ)農福連携に関する動画の放映を行います。
是非、お越しください!

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2210nofu.html

<編集後記>

つい先日まで、暖かかった東京も秋らしく肌寒さを感じるようになりました。季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、お気を付けください。私は、鍋を作る日が増えそうです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader