このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和4年11月7日第1018号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 東日本大震災関連情報
  5. その他新着情報
  6. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇11月1日(火曜日)
みどりの食料システム法に基づく事業計画の認定、牛乳・乳製品の値上げによる消費への影響、肥料の価格高騰対策について質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/221101.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/221101.html

◇11月4日(金曜日)
てん菜糖の交付金対象数量の見直し、農産物の適正な価格形成の在り方の検討、輸出促進事業の再委託先、円安による生産者への影響及び支援策について質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/221104.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/221104.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇今週の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇11月2日公開!日本の食文化に欠かせない「発酵」の世界

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されて来年で10周年。
そんな和食の大きな魅力の一つが、毎日の食卓を豊かにしてくれるさまざまな発酵食品です。
今回は、日本の食文化に欠かせない「発酵」をテーマに取り上げ、そのさまざまな魅力に触れています。
また、「発酵」を活用した日本各地の郷土料理もご紹介していますので、ぜひご覧ください。

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

5.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇OECD農業大臣会合の結果概要について

野中農林水産副大臣は、11月3日(木曜日)から11月4日(金曜日)にかけてフランス(パリ)で開催されたOECD農業大臣会合に出席するとともに、同会合に出席した各国要人との二国間会談を行いました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/y_kokusai/kikou/221105.html

◇令和4年度(第61回)農林水産祭「実りのフェスティバル」の開催について

公益財団法人日本農林漁業振興会との共催で、令和4年11月11日(金曜日)から11月12日(土曜日)まで、サンシャインシティワールドインポートマートビル4階展示ホールAにおいて、令和4年度(第61回)農林水産祭「実りのフェスティバル」を開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/221104.html

◇「グリーンな栽培体系を学ぶ第2回オンラインセミナー」の開催について

「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」の取組を学ぶオンラインセミナーを12月13日(火曜日)に開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/gizyutu/221104.html

◇令和4年秋の叙勲等(農林水産省関係)について

令和4年秋の叙勲及び褒章について、農林水産省関係の受章者をお知らせします。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/hisyo/221104.html

◇岡山県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

11月4日(金曜日)、岡山県倉敷市の家きん農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認(今シーズン国内5例目、岡山県2例目)されました。
これを受け、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針について決定しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221104_23.html

◇茨城県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について

11月4日(金曜日)、茨城県かすみがうら市の家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内4例目)が確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221104.html

◇「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の開催について

茨城県の家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が確認されました。
これを受け、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」をウェブ開催し、今後の対応方針について確認しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221103.html

◇納品期限の緩和を進める事業者が大幅に増加!

10月30日の「全国一斉商慣習見直しの日」に向けて、商慣習見直しに取り組む食品事業者を調査・募集するとともに、商慣習の見直しを含めた食品ロス削減や食品リサイクルの取組事例の募集を行いました。
今般、商慣習見直しに取り組む事業者名と取組内容をまとめましたので、公表します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/221102_17.html

◇香川県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内3例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

香川県観音寺市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内3例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221102.html

◇北海道で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内2例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

北海道厚真町で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内2例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221101_9.html

◇岡山県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内1例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

岡山県倉敷市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内1例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221101_10.html

◇「令和4年度第1回生物多様性影響評価検討会総合検討会」の開催及び一般傍聴について

農林水産省及び環境省は、遺伝子組換え生物の第一種使用規程の承認申請があった4件について学識経験者から意見を聴取するため、11月8日(火曜日)に「令和4年度第1回生物多様性影響評価検討会総合検討会」を開催します。

⇒ https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/221101.html

◇「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.沖縄」を開催!

令和3年度から、食と農のつながりの深化に着目した国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を実施しています。
この取組の一環として、ディアンドデパートメント株式会社と連携し、「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIF TFES.沖縄」を11月26日(土曜日)・27日(日曜日)の2日間、プラザハウスショッピングセンター(沖縄市)において開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/221101.html

◇みどりの食料システム法に基づく基盤確立事業実施計画の認定について

みどりの食料システム法に基づき、事業者から申請された基盤確立事業実施計画の認定を行いました。
本認定は、本年9月に運用を開始した同法に基づく基盤確立事業実施計画の認定第1弾となります。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/b_kankyo/221101.html

◇香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について

本日(11月1日(火曜日))、香川県観音寺市の家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(今シーズン国内3例目)が確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221101.html

◇「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の開催について

香川県観音寺市の家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が確認されました。
これを受け、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を開催し、今後の対応方針について確認しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221031.html

◇デンマークからの家きん肉等の一時輸入停止措置について

10月31日(月曜日)にデンマークからの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/221031_4.html

◇食料・農業・農村政策審議会基本法検証部会(第2回)の開催及び一般傍聴について

11月2日(水曜日)に「食料・農業・農村政策審議会基本法検証部会(第2回)」を開催しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/221031.html

◇IPCCシンポジウム『第6次評価報告書から考える私たちと気候変動』の開催について

環境省、文部科学省及び気象庁と共同でIPCCシンポジウム『第6次評価報告書から考える私たちと気候変動』を開催します。IPCC第6次評価報告書第1作業部会共同議長及び同報告書第2作業部会共同議長らによる基調講演や、IPCC第6次評価報告書第2作業部会報告書第5章の統括執筆責任者(CLA)を務めた農研機構農業環境研究部門・気候変動適応策研究領域の長谷川利拡氏をはじめとする国内執筆者によるパネルディスカッションが行われます。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/b_kankyo/221031.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇豚熱に関する特定家畜伝染病防疫指針の一部変更案についての意見・情報の募集について

◇種苗法第二条第七項の規定に基づく重要な形質を定める件の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◇種苗法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集の結果について

◇「平成十三年金融庁・農林水産省告示第十九号(農業協同組合法施行令第三条の四並びに第三条の五第一項及び第三項第二号から第四号までの規定に基づき、主務大臣の指定する金融機関等を定める件)の一部を改正する告示案」及び「系統金融機関向けの総合的な監督指針の一部改正案」についての意見・情報の募集の結果について

◇「漁業経営の改善及び再建整備に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「農漁協系統金融機関の信用事業に関する命令の一部を改正する命令等についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農業協同組合等の大口信用供与等規制に係る告示改正案についての意見・情報の募集について」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和4年11月7日~11月11日)~

(4)公式SNS

・農林水産省フェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

・農林水産省ツイッター
⇒ https://twitter.com/MAFF_JAPAN(外部リンク)

6.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

御来場の方は感染防止対策(人と人との間隔を空ける、マスクの着用、手指の消毒等々)を行っていただきますようお願いいたします。

◇お茶・畳・生糸・盆栽の世界~和の空間へようこそ~

令和4年11月7日(月曜日)~11月11日(金曜日)

我が国の伝統的な工芸作物の代表である、茶、いぐさ、繭、生糸、薬用作物や和の空間を象徴する盆栽等の素晴らしさを消費者にお伝えし、理解を深めてもらうことにより、消費拡大を図ります。
具体的には、日本の伝統的な工芸作物である、茶・畳・生糸・薬用作物や盆栽等について、バラエティ豊富な製品やパネル等を用いて展示します。
是非、お越しください!

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2211waku.html

<編集後記>

広報誌「aff」の11月の特集は、「日本の食文化」です。和食には欠かせない発酵食品や食卓を彩る漆の魅力、世界発信への取り組みなどを紹介します。和食には優しい味わいと奥深さがあると、私は感じます。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader