このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和2年から3年までの冬期の大雪に関する情報



1.支援情報

令和2年から3年までの冬期の大雪により被災された農林漁業者の皆様が、営農意欲を失わず1日も早く経営再開ができるように、農林水産関係被害への支援対策を取りまとめ、対策のポイントや被災された農林漁業者の皆様向けの資料を作成しました。 NEWアイコン


(1)支援対策について




(2)支援対策の事業概要等 NEWアイコン


2.農林水産関係の被害状況


令和3年4月27日17時00分現在

(1)人的被害の状況

  • 秋田県横手市で市道上方の山林斜面から雪崩が発生し、軽トラック1台が巻き込まれ1名死亡(1月2日(土曜日)発生)。

(2)農作物等の被害

農林水産関係被害の概要

区分 主な被害 被害数 被害額(億円)(*1) 被害地域(現在27道府県より報告あり)
農作物等 農作物等(*2) 182.3ha 4.0 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、栃木、群馬、新潟、富山、石川、福井、岐阜、京都、和歌山、島根、高知、佐賀、大分、鹿児島(21道府県)
樹体(*3) 242.5ha 1.8 岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟、富山、石川、鳥取、島根、高知(11県)
家畜 54,117頭羽 0.9 北海道、青森、山形、新潟、石川、島根、広島(7道県)
畜産物(生乳) 1トン 0.0 岩手、新潟(2県)
農業用ハウス 19,149件 113.5
北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、栃木、群馬、新潟、富山、石川、福井、岐阜、滋賀、京都、兵庫、和歌山、鳥取、島根、広島、愛媛、高知、佐賀、長崎、大分(26道府県)
農業用倉庫・処理加工施設等 728件 5.1 北海道、青森、岩手、宮城、山形、群馬、新潟、富山、石川、滋賀、鳥取、島根(12道県)
畜産用施設 846件 10.9 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、新潟、富山、石川、福井、京都、鳥取、島根、広島、佐賀、大分(16道府県)
在庫品 0.0 宮城
共同利用施設 421件 5.6 青森、岩手、新潟、富山、石川、福井、大分(7県)
農業・畜産用機械 362件 2.5 青森、岩手、宮城、新潟、京都、広島(6府県)
その他 79件 0.6 岩手、新潟、愛媛、島根、大分(5県)
小計 144.9
林野関係 林地荒廃 4箇所 1.2 秋田、福島、新潟、富山(4県)
森林被害 8.1ha 0.1 岐阜
木材加工・流通施設 17件 0.3 山形、新潟、島根(3県)
特用林産物施設等 59件 1.5 北海道、岩手、秋田、新潟、富山、岐阜、鳥取、大分(8道県)
小計   3.0  
水産関係 漁船 43隻 0.1 北海道、山形、新潟、富山(4道県)
漁具 4件 調査中 北海道
養殖施設 2件 0.0 北海道、新潟(2道県)
水産物 2件 0.3 北海道、新潟(2道県)
漁具倉庫等 56件 0.0 北海道、新潟(2道県)
漁港施設等 2漁港 3.5 北海道
漁業用施設等 2件 0.0 石川
共同利用施設 23件 0.1 山形、新潟(2県)
小計   4.0
合計   152.0
*1:現時点で都道府県から報告があったものを記載しており、引き続き調査中。なお、報告には被害数、被害額が調査中のものも含まれる。
*2:トマト、ねぎ、ほうれん草、だいこん、せり、アスパラ菜、八色菜、ブロッコリー、水菜、小松菜、しいたけ、きゅうり、なす、きゃべつ、アスパラガス、いちご、花き等
*3:さくらんぼ、りんご、もも、ぶどう、なし等

農作物等の被害状況

  • パイプハウスの倒壊、破損
  • 野菜、果樹、花きの損傷、倒伏
  • 畜舎倒壊等による家畜(牛、豚、鶏)の斃死
  • 資材庫、格納庫、集荷所等の倒壊、破損
  • 堆肥舎、牛舎、豚舎、鶏舎、飼料倉庫の倒壊、破損
  • 共同利用施設(ライスセンター、パイプハウス等)の倒壊、破損
  • 県施設(パイプハウス等)、果樹棚等の被害
  • 漁船の転覆、沈没
  • 養殖施設の損傷による養殖物(ホタテ)の斃死
  • 漁協事務所の損傷
  • 漁業用施設(防波堤、物揚場)の破損
  • 水産業共同利用施設(荷捌き所、種苗生産施設等)の破損

3)農林水産省の対応

<本省>

  • 大臣官房地方課災害総合対策室に12月16日からの大雪に関する農林水産省災害情報連絡室設置(12月17日(木曜日)6時55分)
  • 12月16日からの大雪に関する農林水産省緊急自然災害対策本部へ改組、12月16日からの大雪に関する農林水産省緊急自然災害対策本部(第1回)を開催(12月17日(木曜日)16時15分)
    (被害の全容把握、農林水産業への影響を最小限に止めることを指示)
  • 大臣官房地方課災害総合対策室に年末年始の大雪に関する農林水産省災害情報連絡室設置(12月28日(月曜日)14時00分)
  • 年末年始の大雪に関する農林水産省緊急自然災害対策本部へ改組、年末年始の大雪に関する農林水産省緊急自然災害対策本部(第1回)を持ち回り開催(12月30日(水曜日)17時55分)
    (年末年始の大雪に関する関係閣僚会議の内容、総理発言等を、省内各局庁及び地方農政局等へ情報共有)
  • 1月7日からの大雪等に関する関係閣僚会議の概要及び総理発言を、省内各局庁及び地方農政局等へ共有した上で、関係自治体等と緊密に連携し、速やかな被害情報の収集・報告するよう指示(1月8日(金曜日))
  • 水産庁が水産庁災害情報連絡会議を開催(メール開催)(1月8日(金曜日))
  • 野上農林水産大臣が新潟県において現地調査(1月23日(土曜日))【概要はこちら(PDF:602)
  • 葉梨農林水産副大臣が秋田県において現地調査(1月24日(日曜日))【概要はこちら(PDF:669)
  • 水産庁が水産庁災害情報連絡会議を開催(メール開催)(1月28日(木曜日))
  • 大臣官房地方課災害総合対策室に1月28日からの大雪等に関する農林水産省災害情報連絡室設置(1月29日(金曜日)9時20分)
  • 令和2年から3年までの冬期の大雪に関する農林水産省緊急自然災害対策本部(第1回)を開催(2月2日(火曜日)15時30分)
    (「令和2年から3年までの冬期の大雪による被災農林漁業者への支援対策について」を決定)

<地方農政局等>

  • 北陸農政局災害対策連絡会議を設置、開催(12月16日(水曜日)15時45分)
    (被害情報の収集等を指示)
  • 12月16日からの大雪に関する近畿農政局災害対策連絡会議を設置、開催(12月17日(木曜日)15時40分)
    (被害情報の収集等を指示)
  • 東北農政局災害対策本部を設置(12月17日(木曜日)16時30分)
  • 東北農政局災害対策本部会議(第1回)開催(12月17日(木曜日)16時30分)
    (被害等の情報共有と情報収集体制の確保を指示)
  • 北陸農政局災害対策本部を設置(12月17日(木曜日)16時35分)
  • 北陸農政局災害対策本部会議(第1回)を開催(12月17日(木曜日)16時35分)
    (改めて被害情報の収集等を指示)
  • 12月16日からの大雪に関する中国四国農政局災害対策連絡会議を設置、開催(12月17日(木曜日)17時50分)
    (被害情報の収集等を指示)
  • 12月16日からの大雪に関する関東農政局災害対策本部幹事会を設置、開催(12月17日(木曜日)18時40分)
    (被害情報の収集等を指示)
  • 東北農政局災害対策本部会議(第2回)開催(12月18日(金曜日)17時00分)
    (被害等の情報共有、休日の情報収集及び報告体制の確認)
  • 北陸農政局災害対策本部会議(第2回)を開催(12月30日(水曜日)18時30分)
    (被害情報の収集等を指示)
  • 年末年始の大雪に関する中国四国農政局災害対策連絡会議を設置、持ち回り開催(12月30日(水曜日)19時30分)
    (年末年始の大雪に関する関係閣僚会議の内容、総理発言等を情報共有)
  • 年末年始の大雪に関する関東農政局災害対策本部幹事会を設置、持ち回り開催(12月30日(水曜日)19時40分)
    (年末年始の大雪に関する関係閣僚会議の内容、総理発言等を情報共有)
  • 東北農政局災害対策本部会議(第3回)開催(1月6日(水曜日)11時00分)
    (被害等の情報共有、被害情報の収集等を指示)
  • 北陸農政局災害対策本部(第3回)開催(1月7日(木曜日)18時30分)
    (1月7日からの大雪等による被害情報の収集等を指示)
  • 北陸農政局災害対策本部(第4回)開催(1月14日(木曜日)10時20分)
    (1月7日からの大雪等による被害情報の収集等を引き続き指示)
  • 北陸農政局災害対策連絡会議(第2回)開催(1月14日(木曜日)15時00分)
    (1月7日からの大雪等による被害情報の収集等を引き続き指示)
  • 北陸農政局長が新潟県、富山県において現地調査(1月19日(火曜日))
  • 北陸農政局次長が福井県において現地調査(1月19日(火曜日))
  • 北陸農政局次長が石川県において現地調査(1月20日(水曜日))
  • 北陸農政局長が富山県において現地調査(1月21日(木曜日))
  • 北陸農政局災害対策本部(第5回)開催(1月22日(金曜日)10時15分)
    (今冬期の大雪等による被害情報の共有と今後の対応等について指示)
  • 東北農政局災害対策本部会議(第4回)開催(2月2日(火曜日)15時50分)
    (支援対策の関係者への周知等を指示)
  • 北陸農政局災害対策本部(第6回)開催(2月3日(水曜日)13時00分)
    (支援対策の関係者への周知等を指示)
  • 東北農政局次長が岩手県において県庁及びJA等との被害状況に関する意見交換及び現地調査(2月5日(金曜日))

<日本政策金融公庫>

  • 令和2年12月16日からの大雪について、本店農林水産事業本部、新潟・盛岡・金沢支店に農林漁業者への相談窓口を設置
  • 令和3年1月7日からの大雪について、本店農林水産事業本部、秋田・新潟・富山・福井・金沢支店に農林漁業者への相談窓口を設置

(4)地方公共団体等に対する情報提供

<11月25日(水曜日)>

  • 大臣官房が「降積雪期における防災態勢の強化等について」を通知

<12月7日(月曜日)>

  • 生産局及び政策統括官が「積雪及び寒害に伴う農作物等の被害防止に向けた技術指導の徹底について」を通知

<12月9日(水曜日)>

  • 経営局が「積雪及び寒害に伴う農作物等の被害防止に向けた技術指導の徹底及び農業保険の対応について」

<12月14日(月曜日)>

  • 林野庁が「降積雪期における雪崩等山地災害の未然防止について」を通知
  • 林野庁が「降積雪期及び融雪期における林道施設災害及び森林災害発生時の対応について」を通知

<12月15日(火曜日)>

  • 水産庁が「17日にかけての強い冬型の気圧配置に対する備えと被害報告等について」を通知

<12月17日(木曜日)>

  • 生産局が「今冬季の大雪により、経営への影響を受ける畜産経営者に対する飼料代金の支払猶予について」を通知
  • 経営局が「今冬期の大雪による被害農林漁業者等に対する資金の円滑な融通、既往債務の償還猶予等について(依頼)」を通知

<12月18日(金曜日)>

  • 林野庁が「森林土木工事等の受注者が行う除排雪作業への協力に係る対応について」を通知
  • 水産庁が「降積雪期における水産業関係の被害防止に向けた対応について」を通知
  • 水産庁が「令和2年12月16日からの大雪による災害に対する金融上の措置について」を通知
  • 大臣官房が農業用ハウスの補強方法などを示した「暴風雪や大雪に備えるための予防減災情報」サイトを省HP上に設置
  • 北陸農政局が「令和2年12月16日からの大雪による災害に対する金融上の措置について」を通知

<12月25日(金曜日)>

  • 大臣官房が年末年始の強い冬型の気圧配置による大雪等に係る関係省庁災害警戒会議(第1回)の概要を、地方農政局等を通じて地方自治体の関係部局に共有し、連絡体制を再確認
  • 生産局が「年末年始の強い冬型の気圧配置による大雪等に係る農作物等の被害防止に向けた注意喚起について」を通知

<12月27日(日曜日)>

  • 経営局が「年末年始の強い冬型の気圧配置による大雪等に係る農作物等の被害防止に向けた注意喚起及び農業保険の対応について」を通知

<12月28日(月曜日)>

  • 大臣官房が年末年始の強い冬型の気圧配置による大雪等に係る関係省庁災害警戒会議(第2回)の概要を、地方農政局等を通じて地方自治体の関係部局に共有し、連絡体制を再確認

<1月5日(火曜日)>

  • 水産庁が「1月7日から9日頃にかけての暴風雪と大雪に対する備えと被害報告等について」を通知

<1月6日(水曜日)>

  • 大臣官房が7日からの大雪等に係る関係省庁災害警戒会議の概要を、地方農政局等を通じて地方自治体の関係部局に共有し、連絡体制を再確認
  • 生産局が「暴風雪と大雪に係る農作物等の被害防止に向けた注意喚起について」を通知
  • 経営局が「暴風雪と大雪に係る農作物等の被害防止に向けた注意喚起及び農業保険の対応について」を通知
  • 水産庁が「降積雪期における水産業関係の被害防止に向けた対応について」を通知(1月27日(水曜日)に再周知)

<1月7日(木曜日)>

  • 林野庁が「大雪における雪崩等山地災害の未然防止について」を通知

<1月8日(金曜日)>

  • 東北農政局が「令和3年1月7日からの大雪による災害に対する金融上の措置について」を通知

<1月12日(火曜日))>

  • 北陸農政局が「令和3年1月7日からの大雪による災害に対する金融上の措置について」を通知

<1月13日(水曜日)>

  • 農村振興局が「直轄工事受注企業に対する除排雪作業等への協力要請について」を通知

<1月14日(木曜日)>

  • 生産局が「積雪による被害を受けた農業用ハウスの早期復旧に向けた対応について」を通知

<1月20日(水曜日)>

  • 水産庁が「今冬期の大雪による被害漁業者等に対する資金の円滑な融通、既往債務の償還猶予等について(依頼)」を通知

<1月27日(水曜日)>

  • 水産庁が「今冬季の大雪による漁業被害等に係る迅速かつ適切な損害評価等の実施及び共済金等の早期支払について(依頼)」を通知

<1月28日(木曜日)>

  • 水産庁が「28日から30日頃にかけての暴風雪と大雪に対する備えと被害報告等について」を通知

<1月29日(金曜日)>

  • 大臣官房が28日からの大雪等に係る関係省庁災害警戒会議の概要を、地方農政局等を通じて地方自治体の関係部局に共有し、農林水産関係の被害状況の速やかな把握や不測時に備え、連絡体制を再確認

<2月2日(火曜日)>

  • 経営局が「令和2年から3年までの冬期の大雪に係る農業次世代人材投資事業及び就職氷河期世代の新規就農促進事業の取扱いについて」を通知

<2月15日(月曜日)>

  • 水産庁が「18日頃にかけての暴風雪と大雪に対する備えと被害報告等について」を通知

<3月2日(火曜日)>

  • 生産局が「今後の気象状況(融雪、高温等)に伴う農作物等の被害防止に向けた技術指導の徹底について」を通知

<3月4日(木曜日)>

  • 大臣官房が「融雪出水期における防災態勢の強化について」を通知

お問合せ先

大臣官房地方課災害総合対策室

担当者:影山、吉田
代表:03-3502-8111(内線5133)
ダイヤルイン:03-6744-2142
FAX番号:03-6744-7158

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader